News U.S. レポート

【拡散】時間資産という考え方

この記事は昨日発行されたNews U.S. レポートの最新記事「”時間資産”という考え方」の紹介や編集後の感想、補足情報などを加えた記事になる。

News U.S. レポート August 14の無料部分

ごきげんよう。今日は資産と時間の関係について話したい。株や仮想通貨で資産を増やすこともあれば、逆に失うこともあるだろう。まともな投資方法を実践していれば、それらの資産はいつかは取り返せるかもしれない。だが時間はそうではない。

News U.S. レポートは2020年8月24日に創刊された月額マガジンだ。起業やビジネス、ライフハック、米国、米国株の話題などが中心となっている。米国独立宣言の1776年を月額料金1,776円に、独立記念日の7月4日を単独記事価格704円にそれぞれ反映している。これまでの10年超の活動の中で、様々な人や組織、情報に触れ体験してきた全ての出来事や学びを記すための場所だ。

News U.S. まぐまぐでもNews U.S. レポートを発行している。内容は基本的には同じだが、【にゅーまぐ限定】と書かれた場合はNews U.S. noteとは大きく異なる記事となっている。

記事に画像を入れている有料noteは希少らしい

昨日はNews U.S. レポート記事も書いたんだった。補足するのを忘れるところだった。
補足記事って、全部に必要ですか?半分近くが補足な気もしますけど・・・。
もう少し緩やかなやり方でもいいかもね。色々と効果的な仕組みを考えていて、それにより時間効率を最大化できるかもしれない。少し時間をくれ。
あと今朝にはにゅーまぐ記事も更新されてる。3月に書いたNews U.S. レポート記事の焼き直しだけど。
こんな記事、ありましたか?覚えてないです・・・。
タイトルを変えた。3月だと既に5カ月も前の話だから、読者でも覚えてない人の方が多いかもね。今回のNews U.S. レポート記事はライフスタイル系の話だが、にゅーまぐ記事の方は政治的な要素が強い。
記事の途中の画像が、いい感じだと思います!やっぱり、文字だけだと飽きてしまいますよね・・・。
ワトソン君が購読していた有料note群で、画像を入れていた人が皆無だったと聞いて需要があると確信した。読者に書き手のイメージを共有できる最も手軽な方法だからな。
補足になったかは分からないが、最後にNews U.S. レポート記事へのリンクを示す。
関連記事