韓国ニュース

韓国「辛ラーメンの発がん性物質は日本のせい」 どんな苦情だよw

韓国が辛ラーメンから発がん性物質が見つかった件について、日本企業との関係が深いことを理由にしているようだ。とんでもない言いがかりだ。

「辛ラーメン」で知られる韓国即席麺メーカーから基準値超えの発がん性物質 「親日売国企業だから」の声
8/17(火) 5:59配信 デイリー新潮

EUでリコールや警告対象に

「辛ラーメン」で知られる韓国即席ラーメン業界最大手の「農心」から発売されている「海鮮湯麺(ヘムルタンミョン)」と同じく大手の「八道」による「ラッポキ」というラーメンから、EUの基準値を超える発がん性物質が検出された。この商品は、日本でも大手通販サイトや海外製品を取り扱う小売店で販売されており、韓国通の間では名の通った即席麺である。検出されたのは輸出用で韓国内では流通していないとメーカー側は主張しているものの国民は納得しておらず、日本の企業と関係が深いといった点も非難の的になっているという。

***

今回検出された発がん性物質は“2-クロロエタノール(エチレンクロロヒドリン)”。これは工業用原料や医療用器具の燻蒸殺菌などに広く使用されている物質で、“エチレンオキシド(酸化エチレン)”の反応生成物である。今回のラーメンの原材料にもエチレンオキシドが殺菌・消毒用として使用されていたようで、これが基準値を超えたものとみられている。

世界保健機関(WHO)の一機関で、発がん状況の監視・特定、発がん性物質のメカニズムの解明、発がん制御の科学的戦略の確立を目的として活動している「国際がん研究機関(IARC)」では、エチレンオキシドはグループ1(ヒトに対する発がん性が認められる)に分類されている。

農心ラーメンからは1kgあたり7.4ppmと基準値の最大148倍のレベルで発がん物質が検出され、八道ラーメンからの場合は、農心よりも高い10.6ppmのレベルに達していたという。

ニュースを見た韓国民からも「国内流通してないなんて信じられる訳がない」「農心だけじゃなくて他のラーメンも調査すべきだ」「親日売国企業の農心(日本企業と関係が深いため)。私は農心を食べてこなかったから関係ない」などといったコメントが寄せられている。ここでも反日が絡むところがこの国らしいと言うべきだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3d15d8cd900c98f20ec2c503685c76979175b71a

韓国でも明らかに流通しているはず

都合が悪ければ日本と親しいから、都合がよければ韓国の力だといいように解釈する韓国だが、実際問題この発がん性物質入りのラーメンは韓国では確実に流通しているはずだ。ネットユーザーからは他にも放射能検査をした方がいいと書かれていた。どんな毒物が入っているか分かったものではない。
日本でも堂々と売られているこのラーメンだが、消費者庁か農林水産省辺りが何らかの発表をすべきだと思う。韓国側が問題ないとしているものの、念のため注意喚起すべきだろう。まあ震災の時にも売れ残った商品を買う人なんて日本にはいないか。
関連記事