韓国ニュース

落ち目の朝日新聞が韓国で映画制作 ⇒ 大手配給会社「素人が相場に手を出してるみたい」www

黒井朝日新聞が韓国での映画制作に手を染めたと分かった。落ち目の韓流れと言われて久しいが、朝日新聞がそうなるとは。大手配給会社から素人仕事だと辛辣な評価を受けてしまった。

朝日新聞が映画製作に傾倒 ジャンルや公開規模に一貫性がない、との声も
9/5(日) 5:56配信 デイリー新潮

あまり知られていないが、ここ数年、朝日新聞は映画製作にも熱心だ。全国で公開中の「犬部!」もそのひとつ。捨て犬や野良猫の保護活動に従事する獣医学生の姿を描いたノンフィクションが原作で、朝日は共同製作幹事を務めている。

「製作幹事は出資額が最も多い企業や団体が担うもので、作品の方向性を左右するほどの発言権を持ちます。『犬部!』は犬猫などの殺処分問題にも向き合う作品に仕上がっていますから、同紙の意向が色濃く反映されているのは間違いない」

とは大手配給会社の幹部。

「実は、朝日は今年だけで6作品の製作幹事になっています。ヒューマニズム系が好みのようですが、作品選定はジャンルがバラバラで、製作や公開規模にも一貫性がありません。失礼ながら、素人が相場に手を出しているように見えます

先の「犬部!」の他には、北陸を舞台に人間模様を描く「川っぺりムコリッタ」、シングルマザーと息子の成長がメインの「茜色に焼かれる」、小野田寛郎少尉の半生を描く「ONODA 一万夜を越えて」ともにオール韓国ロケの人間ドラマ「アジアの天使」とホラー作品の「聖地X」というラインナップ。やはり「韓国」以外で共通項は見受けられない。

「映画製作は出資額に応じた配当に加えて、宣伝会社が朝日新聞に出稿する広告による収入も得られます。長引く部数の低迷を受けて、新たな収入源の確保が課題の中、手堅くリターンが見込める事業と踏んでいるんですよ」(朝日の経営幹部)

当の朝日新聞広報部は、

「弊社は映画文化の発展に寄与すべく映画事業に携わっております。個別の事業方針はお答えしかねます」

「週刊新潮」2021年9月2日号 掲載

学びがある! 1
分かりやすい! 1
新しい視点! 0

https://news.yahoo.co.jp/articles/9a2bdf0b943b44da4388ba3668fec49b13665b08

懐かしい韓国で映画撮影したいだけのチョイル新聞

ワトソン君こんな記事があったんですね(笑) 朝日新聞は、何をやってるんですか?

黒井さあ?何もしてないんじゃない?本業の新聞が傾いてるからあれこれ手を出し始めたが、金持ちの道楽みたいになってしまってる。

ワトソン君お金のムダ遣いじゃないですか!映画を作ってるヒマがあったら、コロナ治療薬を作った方がいいのでは?

黒井異業種にも程があるww まあ映画制作も異業種か。何しろ配給会社に素人仕事だと罵られてるからな。韓国で映画撮影したいだけじゃないかっていう。

ワトソン君確かに・・・。韓国に関わると、ダメになる説はホントですね。法則発動だと思います!

黒井法則もそうだし、こういう時は落ち目の韓流れ(かんながれ)という言い方をするね。落ち目の国や組織は必ず韓国に行き着くというわけだ。

韓国の映像なんて10秒も見れば拷問

ワトソン君ネットユーザーの反応です!

色んな意味で偏った映画ができそうですね。まともな映画じゃないと思います
・100日間生きたワニにも出資してました

黒井お化け屋敷に入る感覚で見るべきかな?実際どれほどつまらないかを検証したい。いや、別にどうでもいいか。

ワトソン君それだと、期待外れだと思います・・・。冒頭の10分だけ見て、判断した方がいいです!

黒井10分どころか10秒でいいよ。韓国の映像を見たくない。日本にとってはどうでもいい話だったな。

ワトソン君日本の会社なのに、どうでもいいんですね(笑)

ワトソン君韓国の皆さん、愛国心を発揮するのはやめましょう!現実に目を向けて下さい!

黒井日本は関係ない!併合おめでとう!韓国さようなら!

関連記事