国内ニュース

トヨタの全個体電池車公開で韓国がパニック状態w

黒井電気自動車業界のゲームチェンジャーとなる全個体電池車、トヨタが満を持して投入することになった。世界で初めて走行中の映像を公開した。液体式のリチウムイオンバッテリーよりも火災や爆発のリスクが小さく、走行距離を長くできる革新的な製品になるのだ。

トヨタ、全固体電池車を世界で初めて公開…1兆5000億円投資
9/8(水) 7:08配信 中央日報日本語版

トヨタ自動車が7日、全固体電池で走る電気自動車を公開した。公式ユーチューブチャンネルで公開した映像には昨年6月に開発したという説明も付けた。トヨタは「世界で初めての全固体電池搭載プロトタイプ自動車で正式なナンバープレートも取得した」という英文の説明も付け加えた。

全固体電池は電気自動車産業を変える画期的な技術に挙げられる。現在販売されている電気自動車に搭載するリチウムイオンバッテリーは液体状態の電解質を使う。これに対し全固体電池は電解質が液体ではなく固体状態のバッテリーをいう。全固体電池が次世代バッテリーとして注目されるのは、リチウムイオンバッテリーより爆発や火災の危険性が少なく走行距離は長いためだ。トヨタはこの日全固体電池電気自動車を公開し、「走行データなどを収集している」と説明した。

トヨタはこの日電気自動車バッテリー投資計画も明らかにした。2030年までに1兆5000億円を投じる。ここには全固体電池開発計画も含まれた。トヨタは全固体電池を活用できる最初のモデルを考えていると説明した。だがトヨタは電気自動車バッテリー投資の金額を公開しただけで具体的なバッテリー工場建設計画は出さなかった。

これに先立ちトヨタは2030年に世界市場でハイブリッドカーを含む電気自動車を800万台販売すると発表した。2025年までに純電気自動車は15モデルを発表する計画だ。トヨタは電気自動車用バッテリーと車をまとめて生産し、コストを現在の半分水準に減らせる方法も考えている。

トヨタが全固体電池車両を公開し、電気自動車用バッテリー市場の競争はさらに熱くなりそうだ。リチウムイオンバッテリー中心の既存のバッテリー市場も大きく再編される可能性が高い。

学びがある! 63
分かりやすい! 118
新しい視点! 53

https://news.yahoo.co.jp/articles/ebc70319b39e64772e0456a425c4dbd4795c9d53

既にナンバープレートが付いてる時点ですごい

ワトソン君全個体電池って、もう走れるんですか?もっと先だと思ってました。

黒井予想よりやや早かったね。こうしてナンバープレートもついたということは、法的な面と安全性の面の両方をクリアしている証でもある。トヨタはあまり好かないが、この辺りはさすがだ。

ワトソン君黒井さん、愛郷心が強過ぎます(笑) やっぱり日産が1番ですか?

黒井愛郷心ww どこでそんな単語を覚えたんだか。まあ愛知県民にだけは負けたくないね。左右問わず負けたくない。韓国はどこだろうと足元にも及ばないから勝負にならない。

ワトソン君韓国は、トヨタが本気を出したらすぐに負けますね・・・。今だけだと思います。

韓国にとっては悪夢のようなニュース

ワトソン君ネットユーザーの反応です!

ナンバーを取得してから発表というのが、いいと思います。韓国みたいに何かが成功とアピールするだけとは違います
・トヨタはすごいです。いつでもEVでトップを取る実力を持っているし、市場が大きくなればもっとアクセルを踏みます
・トヨタはいつでもEVで巻き返せます。ハイブリッドは複雑なシステムです
未だにバッテリー発火が報道されてる韓国にとっては、耳を塞ぎたくなるような話ですね
・リチウムイオン電池は、もうすぐ時代遅れの技術になります

黒井韓国にとって最悪のニュースだよな。自国産のバッテリーで爆発が相次ぎ、何千億円というリコール費用を請求されそうになってる時にトヨタに抜かされる。まさに悪夢。韓国のような小国はもはや相手にならなくなるね。

ワトソン君ホントですね・・・。これで韓国の意地悪クラブも、おしまいだと思います。

ワトソン君韓国の皆さん、日本は令和時代で復活します!韓国とはもう関係がなくなるし、助ける事もありません!さようなら!

黒井日本は関係ない!併合おめでとう!韓国さようなら!

関連記事