安倍・菅・岸田政権

日本政府が事実上河野談話を否定し韓国政府がパニック状態w

黒井日本が教科書から”従軍”の表記を除き慰安婦としたことは、河野談話の無力化であると韓国側が抗議する姿勢を見せている。“河野談話”の単語に日本政府が触れたわけではないが、朝鮮日報はそう解釈したようだ。

河野談話を無力化した日本に韓国外交部「非常に遺憾」
9/11(土) 6:41配信 朝鮮日報日本語版

韓国政府は10日、日本が自国の教科書から「従軍慰安婦」や「強制連行」などの表現を削除・変更することに強い遺憾を表明した。韓国外交部(省に相当)の当局者はこの日「今年4月に日本政府は日本軍慰安婦被害者問題と強制徴用問題について、その強制性を弱める答弁書を閣議決定した」「教科書の出版社が先日関連する表現の削除や変更などの修正を申請し、文部科学省がこれを承認した」などと指摘し、これらについて「非常に遺憾だ」との考えを示した。

前日に日本の文部科学省は教科書を出版する5つの会社が提出した「教科書に記載された表現の削除・変更などの修正申請」を承認した。日本政府は今年4月27日「従軍慰安婦という表現は誤解を招く恐れがある」「慰安婦という用語を使用するのが適切」とする答弁書を正式に閣議決定したが、今回の申請をこれを受けて行われた。日本は1993年の河野談話で慰安婦問題に対する日本軍の関与を認め、これを謝罪したが、上記の閣議決定は河野談話を事実上無力化するものと解釈されている。外交関係者の間からは「解散を控えた菅内閣が日本の右翼勢力の宿願を果たした」などの指摘が相次いでいる。

上記の韓国外交部当局者は「慰安婦の動員や募集、移送の強制性や韓半島からの徴用労働者に対する強制労働は日本も認めてきた」と強調した上で「日本政府はこれまで自ら表明してきた歴史認識を揺らぐことなく維持し、これを見直そうとする動きや逆行する言行を控え、歴史問題の解決に向けて真摯な態度を示す必要がある」と批判した。

韓国の保守系野党・国民の力のユ・スンミン元議員も前日にフェイスブックを通じ「(日本の動きは)過去の過ちを懺悔し許しを求めるどころか、『強制ではなかった』と強弁する厚顔無恥な態度だ」「日本政府が自ら出した河野談話を無視したもので、大韓民国に対する深刻な挑発だ」と反発した。

学びがある! 53
分かりやすい! 166
新しい視点! 81

https://news.yahoo.co.jp/articles/3a211f116008f03372c2bbd41dec571cd34945b6

韓国が河野談話の否定と解釈するならそれでいい

黒井今回の教科書改訂が河野談話の否定だと韓国が解釈するならばそれでいいと思う。日本政府は正しい歴史認識のもとに訂正をしたのであり、韓国が何かを言う筋合いはない。今回の遺憾の意を表明した件に関して内政干渉だと反発すべきだったというネットユーザーの意見もあった。

黒井何度も話しているが、韓国は自国軍こそ従軍慰安婦を持っていたという歴史的事実を早急に認めるべきである。”第五補給品”なる呼称まで使っていたことも広く知られている。朝鮮戦争やベトナム戦争時の慰安婦のエピソードを日本軍のものにすり替えてはならない。あまりにしつこいようだと韓国軍の悪事がすべて明るみになるだろう。

関連記事