コロマガ

第三次世界大戦 アジアの敗戦国

黒井この記事は昨日発行されたコロマガ海外支部第75号アジア編アジアの敗戦国についての簡単な紹介と編集後の感想、補足情報などを追加した記事になる。

コロマガ海外支部第75号アジア編の無料部分

黒井コロマガ海外支部第75号アジア編を始める。今号では迫りくる第三次世界大戦の気配と、それによりアジアのどこが敗戦国になるのかについて話した。

ワトソン君国の成り立ちから考えると、そうとしか思えないですよね・・・。やっぱり、日本しかないんだと思います。

黒井日本は当然戦勝国になる。つまり敗戦国は…

コロナウイルス対策マガジン海外支部(コロマガ海外支部)とは世界各国のコロナウイルス感染や対策、ロックダウンなどに関する情報についてまとめたレポートである。週1回、毎週日曜日に発行される。記事を読みたい場合にはNews U.S. レポートの購読を始める必要がある。

アジアの負け組が残酷なまでに浮き彫りに

黒井今号のアジア編は残酷な現実をこれでもかと浮き彫りにした。アジアの負け組は既に明らかだが、これからそれらの国にどんな悲惨な出来事が起こるかを最悪のシナリオとして提示した。やはり他の国にはない特殊形態や制度、産業の構造に弱みがあったのだ。

黒井感染状況が多少いいからと言って慢心してはいけないし、学校の成績のように感染者数の少なさを争ってはいけないと改めて思った。ゼロコロナはトロフィーでも盾でもない。むしろその時期が長かった国ほど被害を拡大させる…という本末転倒な結果にもなりかねない。

黒井最後にコロマガ海外支部第75号アジア編へのリンクを示す。

関連記事