News U.S. レポート

コロナワクチンの真実(7)

黒井この記事は昨日発行されたNews U.S. まぐまぐ(にゅーまぐ)の最新記事コロナワクチンの真実(7)についての簡単な紹介と編集後の感想、補足情報などを追加した記事になる。

News U.S. まぐまぐ January 4の無料部分

この記事はNews U.S. まぐまぐ(にゅーまぐ)限定のNews U.S. レポート記事となる。News U.S. noteのNews U.S. レポートでは読むことができない。了承願いたい。

黒井どうも。にゅーまぐでは今年もワクチンの真実を追い求め続ける。

――――― ここから下は有料部分 ―――――

1. カナダでワクチン2回接種者に対する報告

補足情報:仏の顔も三度まで、三度目の正直

黒井年が明けて世界の感染当局や医療関係者の言うことが徐々に変わり始めたが、オミクロン型変異株の感染爆発はそれとは関係なく無情に進むといった状況だ。

ワトソン君ちょっと手遅れな気もしますよね・・・。そんなに長い期間は、待てないと思います。

黒井コロナパンデミック絡みの記事で「三度目の正直」「仏の顔も三度まで」という慣用句を使うとは思わなかったが、確かにそうとしか思えない。

ワトソン君仏の顔も3度までって、3回目からダメなんですよね?

黒井そうそう。3回目まではOK…ではない。2回目までは仏の顔だが、3回目からは激怒されるということ。「仏の顔も三度撫(な)ずれば腹を立つ」という表現のニュアンスが若干変わってしまった。

ワトソン君やっぱり、仏教の考えは大事だと思います!仏教の国の方が、コロナ対策も厳しくないみたいです。

黒井それはあるかもね。厳格な封鎖措置や義務化が裏目に出るという残酷な現実にようやく世界が気付き始めたが、そのまま突き進むしか体面を保つ方法がない状態というか。

ワトソン君結局、国が無責任なのがいけないんです。キチンと責任を取ってほしいです!

黒井そんなことを言ってて無政府状態になったらどうするんだ?アナキズムがこの世を支配するようになってはいけない。まあ今の状態では遠からずそうなりそうだが。

黒井最後にNews U.S. まぐまぐ記事コロナワクチンの真実(7)へのリンクを示す。

関連記事