コロマガ

第三次世界大戦 オミクロン爆発とビットコイン暴落

黒井この記事は先ほど発行されたコロマガ海外支部第89号「オミクロン爆発とビットコイン暴落」についての簡単な紹介と編集後の感想、補足情報などを追加した記事になる。

コロマガ海外支部第89号の無料部分

黒井コロマガ海外支部第89号を始める。オミクロン爆発で世界中が信じられない状態に陥る中で、早くも複数の国が戦場となる気配が漂い始めた。

ワトソン君オーストラリアの陰謀が、1番ビックリしました!

黒井すべて仕組まれていたシナリオだよな。なおかつ我々はそのシナリオを絶対に食い止められない。ビットコインの暴落も彼らの筋書き通りだ。

コロナウイルス対策マガジン海外支部(コロマガ海外支部)とは世界各国のコロナウイルス感染や対策、ロックダウンなどに関する情報についてまとめたレポートである。週1回、毎週日曜日に発行される。コロマガ海外支部を読むにはNews U.S. レポートの購読が必須だ。

補足情報:何十年も前から仕組まれていた

黒井今号ではユーラシア大陸の某国でミャンマーに近いことが起きたが、ビットコインが暴落した理由とその背景になっている。またそれにより今後オミクロン型変異株の感染爆発とビットコイン価格がどのように推移していくかも予測できた。いつ有事に発展するか分からない国も複数出始めた。

黒井もう1つのメイントピックスは全豪オープンだ。ジョコビッチ選手が入国拒否されたが、大会そのものに重大な政治的メッセージが含まれていることが分かったのだ。これが事実なら、コロナパンデミックは何十年も前から起こると決まっていたのかもしれない。

黒井補足情報としてオミクロン爆発の最新情報を見る。指数関数的な増え方と言える。

世界の新規感染者200万人超え 10日間で倍増 新型コロナ
1/9(日) 9:05配信 時事通信

【パリAFP時事】世界の新型コロナウイルスの1日当たりの新規感染者が200万人(7日間平均)を超え、10日間で倍増したことが8日、AFP通信の集計で分かった。

感染力が強い新変異株「オミクロン株」が昨年11月に南アフリカで発見されて以降では、270%増となっている。

各国の発表を基にしたAFPの集計によると、今月1~7日の新規感染者は1日平均210万6118人となり、100万人を超えた先月23~29日から倍増した。直近1週間の感染者は大半が欧米で確認された。

学びがある! 5
分かりやすい! 6
新しい視点! 1

https://news.yahoo.co.jp/articles/33afa20e3a7aa70da9258a5d9b0a9f33f32a3e4d

黒井最後にコロマガ海外支部第89号「オミクロン爆発とビットコイン暴落」へのリンクを示す。

関連記事