News U.S. レポート

オミクロン型変異株で世界が狂い始めた(5)

黒井この記事は昨日発行されたNews U.S. まぐまぐ(にゅーまぐ)の最新記事オミクロン型変異株で世界が狂い始めた(5)についての簡単な紹介と編集後の感想、補足情報などを追加した記事になる。

News U.S. まぐまぐ January 18の無料部分

この記事はNews U.S. まぐまぐ(にゅーまぐ)限定のNews U.S. レポート記事となる。News U.S. noteのNews U.S. レポートでは読むことができない。了承願いたい。

黒井黒井だ。にゅーまぐでは今日もオミクロン爆発で狂い始めた世界を取り上げる。

――――― ここから下は有料部分 ―――――

1. フランス政府の狂気に拍車がかかる

補足情報:人類は意外と賢くないとワトソン君

黒井にゅーまぐ記事の方はオミクロン型変異株の話題一色だが、それだけ今の世界における大きなウェイトを占めていると言える。

ワトソン君どうしてそこまでやるんだろうって、毎回不思議に思います・・・。自分の国なのに、そこまで冷たくできるなんて。

黒井だから言ってるだろ?人種の問題じゃない、国家としての主義のあり方の問題なのだと。特に某A国はそう。それだけにもっと問題の質が根深く、単純な解決方法を見出せないということでもある。

ワトソン君人類って、意外と賢くないのかなって思いました。

黒井ワトソン君に言われると何ともww まあ気持ちは分かる。例えば世界中で林立するタワー型の住居にしても、高層階より低層階の方が偉いという要素が1ミリもないよな。その時点で人類は不完全となり格差を許容する生き物に退化したわけ。

ワトソン君確かに・・・。上に積み重ねるから、上下関係が生まれてしまうのでは?

黒井この点日本の六本木ヒルズは上手にやってるんだよ。何がどう違うのかは今度別の有料記事で説明しようかな。低層階の方が高層階よりむしろメリットが大きいという新しい価値観の尺度を生み出せたならば、人類は次のステージに進むことができるかもね。

黒井最後にNews U.S. まぐまぐ記事オミクロン型変異株で世界が狂い始めた(5)へのリンクを示す。

関連記事