News U.S. レポート

4という数字を過剰に恐れる人が大成できない理由

黒井この記事は昨日発行されたNews U.S. レポートの最新記事4という数字を過剰に恐れる人が大成できない理由の紹介や編集後の感想、補足情報などを加えた記事になる。

News U.S. レポート August 2, 2022の無料部分

黒井黒井だ。今日は社会生活や企業活動を送る上でどうしても意識してしまう「4」という数字の扱いに関する黒井のソリューションを述べたい。誰もが知っているように、4=死を意識させられる数字だ。

News U.S. レポートはこれまでの10年の経験と知識を元に、これからの10年を戦略的に生き延びていくための日本屈指の情報量を誇る月額マガジンだ。起業、ビジネス、英語、健康、ライフハック、資産運用、コロナパンデミック、ワクチン、ビットコイン…この厳しく残酷な時代を生き抜くために必要なこと全てがテーマだ。米国独立宣言の1776年7月4日を意識するために月額購読価格を1,776円、単独記事価格を704円としている。

News U.S. まぐまぐでもNews U.S. レポートを発行している。火曜と木~金曜に発行されるのはにゅーまぐオリジナル記事で、日曜日に発行される記事は過去のNews U.S. レポートの再配信だ。

補足情報:狭い視野に縛られると損をしてしまう

黒井今気付いたけど、8月2日に台湾の地に下院議長として25年ぶりに降り立ったペロシ議長は、82歳だったんだな。偶然なのか、必然なのか。

ワトソン君それって、ダメなパターンなのでは?

黒井まあ今は様子見するしかないが、この要素が最悪な未来を示唆してないといいけどね。さっきもにゅーまぐの補足記事で話したけど、ペロシ議長と同時に動いたある重要人物がいる。

黒井それで、こっちのNews U.S. レポート記事では「なぜ黒井が18や82という数字を嫌っているのか」ということ、それから4という数字を恐れていない理由について長々と説明した。

ワトソン君全然違うテーマなのが面白いです(笑)

黒井例えば低層マンションで4階が他の階の同間取りよりも安く借りられるとするじゃん?普通の日本人なら躊躇するが、俺はためらいなく連絡をとる。だがタワーマンション18階だけは絶対に住みたくない。実際に18階に住んでいたことはあったが数カ月で引っ越してしまった。そういうこと。

ワトソン君他の人と価値観が違うと、ちょっとだけ得するって事ですか?

黒井それもそうだし、視点が広くなるよな。自分が今まで忌み嫌っていたり避けていたようなことが「なーんだ。どうってことない」と強気になれる。人生哲学の書として色々な人に読んでほしいと思うね。

ワトソン君狭い視野に縛られるのは、確かに損な気がしますよね・・・。

黒井そういうこと。最後にNews U.S. レポート記事4という数字を過剰に恐れる人が大成できない理由へのリンクを示す。

関連記事