News U.S. レポート

日本が第三次世界大戦に巻き込まれることを半年前に予見できた理由

黒井この記事は昨日発行されたNews U.S. まぐまぐ(にゅーまぐ)の最新記事コロマガ日本支部 Vol. 108 最終号で話したことについてについての簡単な紹介と編集後の感想、補足情報などを追加した記事になる。

にゅーまぐ August 7, 2022の無料部分

この記事はNews U.S. まぐまぐ(にゅーまぐ)限定のNews U.S. レポート記事となる。News U.S. noteのNews U.S. レポートでは読むことができない。了承願いたい。

黒井どうも。黒井だ。News U.S. note読者ならおなじみのコロマガ日本支部という長編企画が存在していた。2020年2月2日に始まり、2022年2月5日に最終号の発行を終えた。丸2年を締めくくる衝撃的な記事を2022年現在の状況と照らし合わせて考えたい。

News U.S. レポート まぐまぐ(にゅーまぐ)はこれまでの10年の経験と知識を元に、これからの厳しい10年を戦略的に生き延びていくための月額マガジンだ。コロナワクチンやサル痘パンデミック、米中間選挙、トランプ、岸田政権の話題などが中心となる。米国独立宣言の1776年7月4日を意識するために月間購読価格を1,776円とした。火曜と木~金曜に発行されるのはにゅーまぐオリジナル記事で、日曜日に発行される記事は過去のNews U.S. noteの再配信だ。

本記事はコロマガ日本支部Vol. 108からの直接引用はせず、どのような内容だったかについて大まかに説明しつつ書き下ろしたにゅーまぐオリジナルの有料記事だ。

――――― ここから下は有料部分 ―――――

補足情報:ロシアのウクライナ侵攻からもう半年経過

黒井ここ最近半年前の出来事を意図的に振り返るようにしている。ロシアのウクライナ侵攻から間もなく半年が経過するからね。

ワトソン君そんなに長期化してるんですか?時間が経つのが、早過ぎます!

黒井ああ。その結果、俺はロシアのウクライナ侵攻と第三次世界大戦の発生を客観的な根拠を理由に予見することができていた。2月24日よりも20日近く前にウクライナ侵攻について警戒する発言を見つけたし、2月初旬のコロマガ日本支部最終号では”ある大事件”の発生により日本が第三次世界大戦に巻き込まれると断言していた。

ワトソン君予言じゃなくて、予見ですか?

黒井陰謀論的な解釈ではないから、予見とさせてもらう。いや陰謀論か?俺はリアルに予言者だったのかな?まあ予見でいい。

ワトソン君十分に陰謀論だと思います(笑) でも、イギリスがホントにそういう意味でやったなら、ビックリです!

黒井どんなに些細なことも見逃さないようにしたら、結果的にその悪い予測や予見が当たってしまった…となると、今有料部分で話してるようなことも、半年後には現実化してるかもしれないよな。

ワトソン君それだけは、やめてほしいですけど・・・。あの次官の人の話は、ショックを受けました。

黒井それそれ。そういうのとかね。あと昨日の世界危機レポートで話したような政治メッセージとか。細かいようだけど全部拾って検証しないといけない段階に来ていると言える。

黒井最後にNews U.S. まぐまぐ記事コロマガ日本支部 Vol. 108 最終号で話したことについてへのリンクを示す。

関連記事