News U.S. レポート

英語学習を甘く見ている日本人は円安時代を生き残れるのか

黒井この記事は昨日発行されたNews U.S. レポートの最新記事英語学習を甘く見ている日本人は円安時代を生き残れるのかの紹介や編集後の感想、補足情報などを加えた記事になる。

News U.S. レポート September 15, 2022の無料部分

黒井円安ドル高が止まらない昨今の状勢だが、日本人は本気で英語を学ぶべきだろうか。英語のできない日本人は、この円安時代を生き残れるのか。黒井の今の考えを全て伝えよう。

News U.S. レポートはこれまでの10年の経験と知識を元に、これからの厳しい10年を戦略的に生き延びていくための月額マガジンだ。国際情勢、食糧危機、通貨危機、米国株、海外移住、ビジネス、ライフハック、健康などを扱う。米国独立宣言の1776年7月4日を意識するために月間購読価格を1,776円、単独記事価格を704円とした。月曜に米国株式投資レポート、火~金にNews U.S. レポート2本、土曜に世界危機レポートが配信される。

News U.S. まぐまぐでもNews U.S. レポートを発行している。News U.S. noteの方とテーマはやや異なり、コロナワクチンやサル痘パンデミック、米中間選挙、トランプ、岸田政権の話題などが中心となる。火曜と木~金曜に発行されるのはにゅーまぐオリジナル記事で、日曜日に発行される記事は過去のNews U.S. noteの再配信だ。

補足情報:円安時代と平安時代の違いについて

黒井というわけで、円安時代という新しい単語が生まれたわけだけども。

ワトソン君平安時代みたいですね(笑)

黒井それ。俺が突然こんなことを言い出すわけがなく、例によってどこぞのインフルエンサーがそういう説教をしてましたよという話から記事が始まっている。

ワトソン君リーマンショックの歌があるなんて、初めて知りました!いい歌だと思います。

黒井ん?ナニソレ?

黒井9.11の歌だろww トリビュートアルバムというのがあってだな。もう21年も前だからみんな知らないか。

ワトソン君サウンドって、色んな意味があるんですね!面白いです。

黒井「返事がない。ただのしかばねのようだ」ではない、という意味だね。何か音を発しているかどうか。俺はそう解釈した。

ワトソン君どうしてそういうフレーズがすぐ出てくるんですか?面白過ぎます(笑)

黒井ビビデバビデブーの替え歌とかな。俺の脳味噌の記憶容量がおそらくテキストデータに特化してるからだと思う。だから映画のシーンを映像で覚えるのとかはあまり得意ではない。音楽もある意味歌詞というテキストデータの集合体だからな。

ワトソン君英語も、テキストデータですか?

黒井やろうと思えば英語発音を全部カタカナで表現できるからな。以前やってたと思うけど、あれをやると時間はかかるけど確実に発音が身に付く。

ワトソン君すぐやってほしいです!特集記事にしましょう!

黒井あれもこれもとやめてくれww 俺のキャパにも限度はある。まあ検討はしておくよ。

黒井最後にNews U.S. レポートの最新記事英語学習を甘く見ている日本人は円安時代を生き残れるのかへのリンクを示す。

関連記事