韓国ニュース

【韓国崩壊】KOSPI大暴落w ここ1年の最安値を割り込むw

黒井ウォンだけでなく株価も酷いことになっていた。

620兆ウォン蒸発したKOSPIとコスダック時価総額…預託金2年間で最低=韓国
9/26(月) 14:20配信 ハンギョレ新聞

KOSPI、最高値に比べ30%下落 ドル換算でKOSPIが34%ダウン…G20中、下落率トップ 証券市場を去る個人投資家…預託金2年ぶり最低

韓国総合株価指数(KOSPI)とコスダック市場の時価総額が約1年ぶりに約620兆ウォンも蒸発した。今年のドル換算のKOSPIの下落率は34%に達し、主要20カ国・地域(G20)の主な指数の中で下落率1位を記録した。金利引き上げ期の中、証券市場を去る個人投資家も急増し、顧客預託金が2年ぶりに最低を記録した。

25日の韓国取引所によると、KOSPIとコスダック指数は23日、それぞれ2290.00と729.36で取引を終えた。KOSPIの終値は、昨年7月6日に記録した史上最高値(3305.21)に比べ1015.21(30.7%)下落した。時価総額は当時の2314兆4174億ウォン(約233兆円)から1804兆5000億ウォン(約182兆円)へと509兆9174億ウォン目減りした。コスダック指数は昨年8月9日に記録した終値の最高値(1060.00)と比べ330.64(31.2%)下落した。時価総額も当時の443兆860億ウォン(約44兆7000億円)から332兆9038億ウォン(約33兆5000億円)へと110兆1822億ウォン目減りした。両指数を合わせた時価総額は、それぞれの最高値と比べて620兆996億ウォン(約62兆5000億円)減少した。

サムスン電子の株価は昨年7月6日の8万1200ウォン(約8180円)から5万4500ウォン(約5490円)へと32.9%下落し、時価総額が159兆3932億ウォン(約16兆1000億円)も目減りした。SKハイニックスも株価が33.2%下落し、時価総額は30兆ウォン(約3兆200億円)目減りした。カカオとネイバー(NAVER)の時価総額も合わせて75兆ウォン(約7兆5500億円)以上蒸発した。外国人投資家は今年に入って23日までにKOSPI(12兆3216億ウォン、約1兆2400億円)とコスダック市場(4兆4331億ウォン、約4460億円)で計16兆7547億ウォン分を売り越した。

1ドルが1400ウォンを超えたことから、ドル換算のKOSPIがウォンKOSPIに比べ大幅に下落した。この日の大信証券とブルームバーグによると、今年初めから今月22日までのG20諸国の主要指数のドル換算指数を比較したところ、KOSPIは33.58%の下落で最大の下げ幅を記録した。KOSPIに続いてドイツ(-31.79%)、イタリア(-31.45%)、ユーロ・ストックス50(-31.01%)などが大幅に下落した。同じ期間に米国のS&P500は21.65%、日本の日経平均株価は24.38%、中国の上海総合指数は22.94%下落した。ウォンでのKOSPI下落率は21.96%で、ドイツ(-21.78%)、イタリア(-21.39%)、欧州連合(-20.88%)とほぼ同じだが、ドルに換算すればKOSPIは下落率が拡大した。

金利引き上げ期に株式投資の魅力が落ち、下落が続いたことで、株式市場に集まる個人投資家の資金も大幅に減った。この日の金融投資協会によると、証券市場の待機資金の性格を持つ投資家預託金は21日現在で50兆7793億ウォン(約5兆1100億円)。今年に入って最も少ない水準だ。LGエナジーソリューションの上場日だった今年1月27日に記録した今年の最高値(75兆1073億ウォン、約7兆5600億円)に比べると25兆ウォン近くの減少だ。

学びがある! 13
分かりやすい! 31
新しい視点! 10

https://news.yahoo.co.jp/articles/2483c8874d28c0c8b05765b1fe91de78793e0850


黒井今年7月には2,290で下げ止まったKOSPIだが、呆気なく底割れし今は2,200割れも視野に入る。もし2,000も割れるようなことがあればコロナショック以来と言える。それだけ米国資本の韓国撤退のスピードが速いのだ。尋常でない速さなことから、年内はおろか月内に何か重大事件でも起きるんじゃないかと思える。

黒井韓国の場合は個人がレバレッジをかけまくって買っていたのも問題だ。それらがみなロスカットあるいは追証を余儀なくされれば、株価はさらに下を目指すだろう。この辺り…いやこの辺り…と買い下がろうとする投資家がみんな焼かれていなくなる頃、それが大底だ。いつ、どこで、どの水準になるかは誰も分からない。

関連記事