【速報】ロシア政府がモスクワ砲撃に備え始めロシア国民阿鼻叫喚w

黒井報道には全然出てこないが、ウクライナの報復砲撃が来るかもな。

「まさか戦争?」モスクワ大騒ぎ…プーチン官邸周辺で確認された「武器」
1/26(木) 7:26配信 中央日報日本語版

ウクライナのロシア本土攻撃の可能性が高まり、ロシアのプーチン大統領が各滞在官邸の近くに防空ミサイルを配備している。これを目撃したロシア国民の間では「戦争が目の前まで来ていると考えると眠れない」という声が出てくるなど不安が広がっている。

24日(現地時間)、ロシアの独立メディア「モスクワタイムズ」によると、今月に入り、ロシアの首都モスクワの少なくとも5カ所で防空ミサイル体系が見つかった。特にプーチン大統領の執務室があるクレムリン宮の近くで最も多く確認された。

ロシア国防省の建物屋上と近隣2つの地下鉄駅(チミリャーゼフスカヤ・タガンスカヤ)、ロシニー・オストロフ国立公園などで短距離防御武器であるパーンツィリS-1と「ロシア版THAAD(高高度防衛ミサイル)」と呼ばれるS-400中長距離用対空ミサイルが配備されている様子がソーシャルメディア(SNS)を通じて急速に広がった。

これだけではなく、プーチン大統領が「故郷」と呼んで主に滞在しているモスクワ西側郊外周辺のノボ・オガリョボ官邸、プーチン大統領とその側近が時々立ち寄って余暇を楽しむヴァルダイ官邸の近くにもそれぞれ防空ミサイルが目撃された。

モスクワの地下鉄駅周辺で防空ミサイルを見つけたある地域住民は、モスクワタイムズとのインタビューで「初めてこの消息を聞いた時はフェイクニュースではないかと考えた」とし「ところが家のバルコニーから防空ミサイルを目にして驚き、睡眠をまともに取ることができなかった」と吐露した。ロシニー・オストロフ国立公園の近くに住んでいる住民も「みんな不安に思っている」とし「戦線が拡大しているのは明らかだが、政府から何の情報もなく腹が立つ」と同紙に話した。

このような状況に関連し、クレムリン宮のドミトリー・ペスコフ報道官は20日の記者会見で「ウクライナの攻撃に備えて政府が防空ミサイルを配備したのか」という質問に「国防省に問い合わせてほしい」として即答を避けた。

不審な動きのはモスクワを中心にした防空ミサイルの配備だけではない。ロシア国防省は21日、モスクワ一帯に軍人150人を動員してウクライナ軍の空襲に備えた撃退訓練をした。これに関連して、政府側志向のロシアジャーナリストのアレクサンダー・チョーク氏は「ロシア指導部はモスクワを狙った攻撃は時間の問題だということをすでに知っている」と主張した。

これに先立ってウクライナ軍は昨年12月から攻撃用無人機(ドローン)でロシア本土の軍事施設を打撃し始めた。ウクライナ軍ドローンは国境から約400~700キロ離れたロシア・リャザン州のデャギレヴォ基地、サラトフ州のエンゲルス-2基地などに浸透して攻撃した。

特にデャギレヴォ基地の場合、モスクワから200キロも離れていない。このためにモスクワも攻撃目標リストの中に入るのではないかとの懸念が提起された。

こうした中、ウクライナ軍はドローン攻撃を拡大する兆しだ。ウクライナの防衛産業企業ウクロボロンプロムが開発して先月最終試験飛行まで終えたドローンの場合、75キログラムの重さの弾頭をのせて最大1000キロメートルまで飛行することができる。

ウクライナの首都キーウからモスクワまでの距離が約700キロメートルなのでロシアの心臓部を狙うことができるというのがウクライナ軍の判断だ。そのためウクライナ軍が実戦配備を急いでいるという話が出ている。

ロシア軍事専門家のユーリ・フェドロフ氏は「ウクライナはもうモスクワに到達できるドローンを製作する技術を有している」とし「このような状況でモスクワ市内に防空ミサイルを配備したことはドローンがモスクワに来る前にまともに迎撃できないロシア防空網の穴を如実に示している」と話した。

ところで米国はウクライナが直接開発した武器でロシア本土を攻撃するのは反対しないとみられる。これに関連して、米国のロイド・オースティン国防長官は「(米国は)ウクライナが自らの能力を開発することを邪魔しない」と最近明らかにした。

一部ではロシアが防空ミサイルをこれ見よがしに配備したのは「ロシアの過度な宣伝」という分析も出ている。米国戦争研究所(ISW)は「人口が密集した都市地域に防空ミサイルを目に見えるように配備したのはウクライナがロシアの心臓部を威嚇するだろうと描写すること」としながら「これを通じてロシア国民を扇動して追加動員令などのような支援を受けるための戦略かもしれない」と分析した。

学びがある! 267
分かりやすい! 665
新しい視点! 254

https://news.yahoo.co.jp/articles/21234810951805f9eb916ed16c1c867f760c9cb6

ワトソン君戦場が、ロシアになりますね!

黒井ここに来てウクライナに戦車供与が決まったから、領土奪還から報復攻撃への余裕が出てきたということかもしれない。それをロシアが自主的に恐れて対空ミサイルを配備し始めた。

ワトソン君今までのロシアなら、考えられないですよね?

黒井特別軍事作戦なのに、なぜウクライナの反撃に備えるんだという話だからな。ロシア国民に窮状をアピールして徴兵に繋げるというのも、一層不利な状況にしかならない。

ワトソン君もしロシアの普通の国民が徴兵されたら、ロシアは崩壊しますね・・・。

黒井モスクワの中流階級が一斉に国外脱出して、ロシア連邦は維持不可能になるね。

ワトソン君ネットユーザーの反応です!

・ロシア国民の声は、まだ他人事の雰囲気です
・ウクライナは専守防衛で、敵基地攻撃も最近までほとんどしてませんでした
・防空ミサイルは、ドローンに対してコスト的に見合いません。全面戦争に突入するつもりでは?
ロシア国民を、どうしても戦争に引きずり込みたいんですね

黒井ワグネルもかなり大きな犠牲を払ってるし、囚人カードも既に使い果たした。残すは国民総動員ということだろう。ロシア崩壊の日は近い。

ワトソン君ロシアの皆さん、覚悟して下さい!敗戦国です!さようなら!

感想
  • ふざけるな (0)
  • やめろ (0)
  • おかしい (0)
  • 許せない (0)
  • 素晴らしい (0)
  • 驚いた (0)

News U.S. note 更新情報 News U.S. note 更新情報

News U.S. Patriot 更新情報 News U.S. Patriot 更新情報

【速報】ロシア政府がモスクワ砲撃に備え始めロシア国民阿鼻叫喚w

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

社会・経済ランキング政治ランキング

More
articles

last week
topics