黒井無能な味方ほど足を引っ張る存在もないってな。

「核テロ」「亡命」か 窮鼠のプーチン大統領が狂乱状態に 「台湾統一」難しくさせたと習主席は激怒 盟友から一変、首脳会議で何が
9/24(土) 17:00配信 夕刊フジ

【スクープ最前線】

ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は18日のビデオ声明で、奪還した東部ハリコフ州に続き、東部ドンバス地域やクリミア半島でも、ロシア軍への反攻を続ける意思を明確にした。一方、敗走が伝えられるロシア軍は最近、ダムや送電線といったウクライナの民間インフラへのミサイル攻撃を増やしている。中国の習近平国家主席からも距離を置かれ、追い込まれたウラジーミル・プーチン大統領が「核テロ」に踏み切る重大危機と、「亡命」検討情報。中国が岸田文雄政権に仕掛ける日米分断工作とは。ジャーナリストの加賀孝英氏が最新情報に迫った。

「プーチン大統領が、キレて危険だ。ウクライナでの無差別虐殺や、NATO(北大西洋条約機構)と全面戦争となる核攻撃で、暴走する危険がある。ジョー・バイデン米大統領とNATOは警告を発した。その裏側で、中露両国は『岸田政権潰しの対日攻撃』に出ている」

外事警察関係者は、こう語った。

ご承知の通り、ウクライナ情勢が激変している。ウクライナ軍は今月上旬、ハリコフ州で反攻を強め、東部の要衝イジュムを奪還した。ロシア軍は総崩れで逃走し、戦況は一気に「ロシア敗北」濃厚となった。

こうしたなか、中国とロシアが主導して中央アジア・ウズベキスタンで開かれていた上海協力機構(SOC)首脳会議が16日、閉幕した。

外務省関係者は「世界がSOC首脳会議を注視していた。プーチン氏は戦況を逆転すべく、必死で全加盟国に『ロシアへの全面支持と支援表明。ウクライナを支援する米国とNATOへの対決姿勢の表明』を工作していた。しかし、すべて失敗した。盟友のはずの習氏も拒否した。見捨てられた格好だ。プーチン氏の権威失墜を、全世界が目撃した」と語った。

一体、何があったのか。情報をまとめると、こうだ。

1.習氏は14日、ウズベキスタンのサマルカンド国際空港に到着した。同国のシャフカト・ミルジヨエフ大統領らが出迎えた。プーチン氏は翌15日に到着し、格下のアブドゥラ・アリポフ首相が出迎えた。中国とロシアを明らかに区別して、プーチン氏に屈辱を味わわせた。

2.中露首脳会談が15日に行われた。プーチン氏は終始、習氏を褒めたが、習氏は不機嫌だった。「内心激怒していた」とされる。ウクライナ侵攻の長期化で、日本と米国、オーストラリア、NATO諸国が「台湾防衛」で結束した。習氏が企てる「台湾統一(侵攻)」を難しくさせた。すべてプーチン氏の無能のせいだからだ。

3.プーチン氏は、トルコやインド、アゼルバイジャン、キルギスタンの首脳と個別会談した。ところが、予定時刻に各国首脳が現れない。「反プーチン」の意志表明だった。一人待たされるプーチン氏の姿に、記者団から嘲笑がもれた―。

驚愕(きょうがく)情報がある。以下、日米情報当局から入手した情報だ。

「プーチン氏は狂乱状態だ。ウクライナのザポリージャ原子力発電所の破壊(核テロ)や、戦術核攻撃を『セルゲイ・ショイグ国防相や、ワレリー・ゲラシモフ参謀総長らに何度か命令した』という情報がある。プーチン氏は『勝利のためには、核攻撃しかない』と妄信している。一方で、クーデターや暗殺におびえ、『極秘裏に、シリアなどへの亡命を検討し始めた』という情報まである」

米上院外交委員会は14日、台湾への軍事支援を大幅に強化する「台湾政策法案」を賛成多数で可決した。欧州議会は15日、中国の軍事的挑発行為を非難し、台湾と欧州連合(EU)の関係強化の提言を盛り込んだ「台湾海峡情勢決議文」を採択した。

学びがある! 1,448
分かりやすい! 3,154
新しい視点! 1,169

https://news.yahoo.co.jp/articles/568a47bade33912c3991b8b1320223bccb46ea7b

ワトソン君習さんも、見放しましたね・・・。

黒井上海協力機構と言えば反米の安全保障の枠組みとして名高いはずだが、主催国自ら協力できかねると烙印を押してしまったわけだね。

ワトソン君このままだと、ロシアだけが敗戦国になってしまうのでは?

黒井いや、米国としては中国も同罪と見ているはず。そもそもロシアの原油を安く買ってウマウマしてる時点でみんな制裁対象だよ。テロ支援国家指定されればそれが明文化されるという話。

ワトソン君えっ?今の段階でもダメなんですか?

黒井そう思っておいた方が無難ということ。ロシアに融和的な姿勢を見せたり、ロシアから原油を調達したり、ロシアを表立って非難しなかったりするだけでスパイと疑われるかもしれないからな。

ワトソン君確かに・・・。核戦争になったら、冗談では済まされないです。

ワトソン君ネットユーザーの反応です!

藁にもすがる思いで参加したのに冷遇されたなら、四面楚歌の心境ですね
・日本の事に限れば、岸田首相では中国やロシアの攻撃に耐えられないのでは?
・岸田首相の欠点は、怒らない事です。感情を顔に出す事は政治家には必要です
・ロシアは誤算続きで、完全に勢いはウクライナ側にあります

黒井後半で岸田首相の話が書かれていたが、上海協力機構の件と無関係だったからカットしてしまった。ZAKZAKは記事を2つに分けるべきだと思う。

ワトソン君日本の話をすると、不安な気持ちになってしまいますよね・・・。ロシアが負ける様子を見る方が楽しいです。

黒井早く中国にも飛び火してほしいよな。他人事で傍観してるのはロシアにとっても許し難いだろうから。既にプトラーの怒りは中国含む地球全体に向けられていると思う。

このニュースを見てどう思いましたか?
  • いいね (0)
  • びっくり (0)
  • 興味深い (0)
  • 役に立つ (0)
  • 腹が立つ (0)