黒井分かりやすい反応をするよな中国は。

中国〝メンツ丸潰れ〟で逆ギレ対抗措置も 米上空を飛行の「偵察気球」撃墜…即座に反発「強烈な不満と抗議」 石平氏「習氏は『覇権主義』と『悪事』を〝宣伝〟した」
2/6(月) 17:00配信 夕刊フジ

米本土上空を飛行していた中国の「偵察気球(スパイ気球)」問題が急展開した。ジョー・バイデン米大統領の命令を受け、米軍の最新鋭ステルス戦闘機「F22ラプター」が4日午後(日本時間5日未明)、空対空ミサイル「サイドワインダー」を発射し、気球を撃墜したのだ。バイデン政権は、中国政府の「民間の気象研究用飛行船」という説明に納得せず、「スパイ気球」と断定し、「明白な主権侵害と国際法違反」と激怒していた。中国政府は即座に「強烈な不満と抗議」を表明するなど逆ギレした。習近平政権はメンツを失い、「対抗措置の可能性」を示唆している。米中の緊張感が高まっている。

「撃墜を成功させたパイロットらを称賛したい」

バイデン大統領は4日、こう誇らしげに語った。記者団への説明によると、地上に被害が出るリスクがなくなり次第、スパイ気球を撃ち落とすよう、国防総省に厳命していたという。

同省によると、南部バージニア州の基地から離陸した米北方軍のF22戦闘機が、同サウスカロライナ州沖約10キロの領海上空でスパイ気球を撃ち落とした。空対空ミサイル「サイドワインダー」が使用された。

スパイ気球は1月28日、米アラスカ沖のアリューシャン列島近くから米国領空に侵入した。高度約1万8000メートルを飛行し、バス3台ほどの大きさで、操縦可能な状態だったとみられる。アラスカ州上空からカナダの空域に侵入後、31日以降は米西部アイダホ州から米国上空に再侵入し、東へ飛行した。

その間、米軍の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射施設がある西部モンタナ州上空も通過した。国防総省高官は「明らかに、機密性の高い米軍施設上空を飛んでいた」といい、「偵察用」と断定した。

一方、中国側は気球撃墜に逆ギレした。

中国外務省は5日、「強烈な不満と抗議」「国際的な慣例に深刻に違反している」などと反発した。

米本土上空での気球の飛行が発覚すると、中国外務省は「民間の気象研究用飛行船」と説明し、偏西風の影響で予定の飛行コースから不可抗力で大きく外れたと主張していた。

「民間」と説明していたはずだが、撃墜されると中国国防省が5日、「明らかに過度の反応だ」「必要な手段を使って類似の状況を処理する権利を留保する」などと反発する報道官談話を発表した。

まさに、「衣の下から鎧(よろい)が見える」というしかない。

ロイド・オースティン米国防長官は「米本土の戦略的拠点を監視する目的で中国が使用していた」と突き放した。米軍はスパイ気球の残骸を回収して、分析を試みる方針だ。

今回の事態をどう見るか。

中国事情に精通する評論家の石平氏は「米中関係が一挙に緊張して破綻しかねない。関係改善を狙っていた習国家主席には誤算で、最悪の事態だ」と分析し、続けた。

「気球が中国のものと認めざるを得なかったうえ、数日間、姿をさらされ最後は撃墜された。日常的な『スパイ行為』があらわになり、メンツが潰された。中国の声明は最も弱い表現で弱腰だ。対国内的に強がってみせても、対外的には、なかったことにしたいのだろう」

スパイ気球が確認された後、米国とカナダが共同運用する「北米航空宇宙防衛司令部」(NORAD)が厳戒態勢で監視した。

アントニー・ブリンケン米国務長官は予定していた訪中を延期した。3日、中国外交トップの王毅共産党政治局員と電話会談して、「明白な主権侵害と国際法違反」と批判した。その後の記者会見でも、「われわれの領空から偵察気球を撤去する」と言明していた。バイデン政権として、有言実行した。

石平氏は「米中関係の決定的な転換点になり得る。米国民は『中国の明確な危険性』を目撃した。米本土上空の飛行は異常事態だ。習氏は気球に乗せ、『覇権主義』と『悪事』を米国に〝宣伝〟した。中国は対米関係改善をあきらめ、強硬姿勢を加速する可能性がある。ロシアとの最接近もあり得ると語る。

学びがある! 803
分かりやすい! 2,101
新しい視点! 770

https://news.yahoo.co.jp/articles/bcde2db7f91332f5b31934e21a07912894ccf292

ワトソン君ホントに分かりやすいですね(笑)

黒井民間用と言いながら当事者だったのか中国の国防部が怒りの声明。中国も類似の報復をするとか反発してて、あたかも米国の偵察ドローンか何かが中国国内を飛行してるかのような言い分だ。

ワトソン君中国がロシアに接近したら、制裁対象になってしまうのでは?

黒井今そうなりかけてるよな。ロシアへの物品輸出でトルコが間もなくそうなるという報道があったが、中国もそこに入るだろうね。

ワトソン君関係改善は、目指さなくてもいいです!強硬になれば、中国の本性が見えます。

黒井中国は「主権侵害アル!」とか叫んでるがどっちの話だよな。紛れもなく他国の領空を侵犯したのが中国じゃないか。

ワトソン君ネットユーザーの反応です!

・中国はこの気球について、民間のどの会社でどういう経緯でアメリカに流れたかを説明するべきでした
飛行ルートをしっかり監視され、偵察目的と見なされ撃墜されてそのシーンが全世界に配信されました
・人民解放軍の中には好戦的な人もいて、いつでも米空軍とファイトする気でいるみたいです
・中国はアメリカに謝罪するべきだったと思います

黒井米国をなめてかかって謝罪も経緯説明もしなかったら、あっさり撃ち落とされて面子丸潰れ。習近平指導部は大人しくても、現場はそうはいかないだろうね。今後の中国の出方を見よう。

ワトソン君中国の皆さん、世界に迷惑をかけたら賠償してもらいます!さようなら!

感想
  • ふざけるな (0)
  • やめろ (0)
  • おかしい (0)
  • 許せない (0)
  • 素晴らしい (0)
  • 驚いた (0)