黒井見た目は先進国、中身は後進国、それが中国。

怖すぎてマンションが買えない…!中国の不動産バブルが崩壊して起きている、まさかの「ヤバすぎる事態」
2/27(月) 7:38配信 現代ビジネス

30年で100倍以上に達したマンション価格

中国と韓国のマンション市場が、かなり異常な状態となっている。

世界第2位の経済大国にのし上がった中国では、2000年代の高度経済成長期以後、ほぼ一貫してマンション価格が高騰。正確な統計はないが、その値上がり幅はここ30年で数十倍から100倍以上に達するとされる。

北京や上海、深圳などの都心では、日本円にして2億や3億でも買えない物件が多くなっている。これはとんでもないバブルだろう。

一方、お隣の韓国では、2017年5月に誕生した文在寅政権の経済失策で、ソウルの中心エリアではマンション価格が約2倍になった。これも一種のバブルだ。

中国と韓国、我々にとってわりあい身近なこの両国で、不動産市場にバブルが形成されていたのだ。そして今、両国ともにそのバブルが崩壊し始めている。その様子を、少し詳しく見てみたい。

いつ完成するかわからない「爛尾楼」

まず中国。この国では昨年あたりから「爛尾楼」というのが話題になっている。これは、施主が建築費を払えないので工事が途中で止まってしまったマンションやビルのことを指す中国の新語だ。

マンションの場合は、一般消費者が購入契約を結び、住宅ローンの支払いが始まっているのに、住戸が予定通りに引き渡されないばかりか、いつ完成するかも分からない状態。日本ではあり得ない。

日本でもマンションは建物の完成前から販売され、購入契約が結ばれるのが一般的。ただし、日本の場合は「手付金保全措置」が講じられる。デベロッパーなどの倒産でそのマンションが引き渡されない場合、手付金は最終的に保証会社から返還される仕組みだ。

さらに日本の場合、住宅ローンの融資実行はマンションの引渡時点であり、返済開始はその後だ。

中国ではそういった保全措置がないばかりか、ローンの実行は契約時点。返済はそれ以降に始まる。建物の引渡し前から住宅ローンを返し始めるのだ。だから、デベロッパーが建築費を払えなくなって工事が止まると、悲惨なことになる。

中国全土で「爛尾楼」になっているマンションがどれほどあるのか。

「途方もない数字」

やや古いが、2022年7月29日付のダイヤモンドオンラインの記事に、以下のような記述がある。

———-
〈経済メディア「財新網」によると、分かっているだけで「爛尾楼」の総面積は2.31億平方メートル(中略)、「爛尾楼」関連のローン規模は0.9兆元(約18兆円)と、全国の金融機関ローン残高の1.7%に当たるとされる〉
———-

日本円で「18兆円」とは途方もない数字である。1件の住宅ローンが3000万円とすると、60万件ということになる。

日本で2022年に販売された分譲マンションは、全部で7万2967戸(不動産経済研究所)。日本の約8.2年分がそっくり「爛尾楼」になっているのか?

ちなみに、2022年2月1日のAFP記事に出ている中国のマンション価格は「調査対象の35都市における住宅購入の一戸当たり価格は154万1000元(1元=約18円)」。日本円にすると2772万円だ。

「契約したマンションが引き渡されないのに、ローンは支払わなければならない」

そんなことが現実に起こっているのなら、当然消費者側は怖くてマンションを買えなくなる。朝日新聞22年12月1日付の記事では、〈中国国家統計局によると、1~10月の住宅販売額は前年同期比28・2%減。開発も進まず、住宅の開発投資額も同8・3%のマイナスとなった。いずれも今年は1999年以降で最大の下げ幅となる見通し〉とある。

学びがある! 213
分かりやすい! 476
新しい視点! 182

https://news.yahoo.co.jp/articles/e7639e93123718e925da33f08e530f9278edbaff

ワトソン君見た目も後進国です(笑)

黒井まあそうか。先進国風のビルや街を造っても壁の裏は発泡スチロールだったりするからな。トルコの惨状は他人事ではないよ。

ワトソン君トルコは住宅が必要なのに、中国では住宅が余ってます!

黒井まあそうか。中国ではむしろ…まあいい。どちらかと言うとこのローンが突然始まる仕組みの方が問題な気がする。

ワトソン君完成してないのにローンが始まると、何が問題なんですか?

黒井住む場所がないだろww ローンに加えて別の場所の賃貸料を払わないといけない。つまり生活コストが圧迫される。

ワトソン君確かに(笑) じゃあ、不動産を早く作らないといけないんですね。

黒井既に34億人分建ててしまったのにな。インフラや内装の工事が終わってなければ廃墟と同じだ。中国経済は完全に詰んだと思うね。

ワトソン君ネットユーザーの反応です!

・15年前に中国でビジネスをしようとしましたけど、カントリーリスクが大き過ぎて3年でやめました
・ゴーストタウンも沢山あるし、普通はバブル崩壊で調整になるはずがムリに維持してとんでもない状況になってるみたいです
中国の地方都市では、どこの郊外でも新しいマンションを建て続けてます
・大手でも突然工事がストップするので、新規では買えません

黒井ハリウッド映画10回分以上は撮影できるだろうね。格安で譲渡したらいい。誰もやりたくないしCGの方が安いか。

ワトソン君破壊するためなんですね(笑)

ワトソン君中国の皆さん、愛国心を発揮するのはやめましょう!現実に目を向けて下さい!さようなら!

感想
  • ふざけるな (0)
  • やめろ (0)
  • おかしい (0)
  • 許せない (0)
  • 素晴らしい (0)
  • 驚いた (0)