韓国人「借金は資産だ!マンションを買えば貴族だ!」 ⇒ その末路w

黒井実に救いようがない記事だな。当たり前のことを言われないと理解できない。

「マンションを買えば貴族になれる」はウソだった…「借金は資産」という謎理論を信じた韓国社会の末路
3/3(金) 10:17配信 プレジデントオンライン

韓国で民間の債務問題が深刻化している。韓国生まれの作家シンシアリーさんは韓国では『借金は資産である』という考えが浸透しており、無理なローンを組んでまでマンションを購入する人が多い。当然、借金額は膨れ上がり、年収の大部分を借金返済に回さなければいけない世帯が増えている」という――。

※本稿は、シンシアリー『韓国の借金経済』(扶桑社)の一部を再編集したものです。

■借金で支えられてきた“勘違い経済”が限界に

韓国で、各種「債務」問題が、国家そのもののリスクとして警告されています。いえ、詳しくは、「10年以上前から警告されてきたけど、特に強く警告されるようになった」という、笑えない状態です。

結論から先に書きましょうか。韓国の、「借金は資産である」とする勘違い経済が、限界を迎えつつあります。政府債務はまださほど問題になるレベルではありませんが、民間、すなわち経済3大主体である政府・法人・個人のうち、政府以外の「家計(個人)」「企業(法人)」の借金で支えられてきた経済構造が、悲鳴を上げています。

国家の財政が破綻するという意味ではありません。本書は、○月○日に韓国はモラトリウムを宣言するであろう、懺悔せよ、そんな予言書ではありません。サムスン電子など世界的な企業がすぐに潰れるという意味でもないし、数億円の金融資産を持っている人たちがいますぐホームレスになるという意味でもありません。

「マンションを買えば貴族に」を信じた若者たち

ただ、ここで述べたいのは、借金経済はもう限界に来ていること、そして、これからそれが表向きに回復するように見えても、あまりにも多くの副作用を深く、そして長く残すことになるだろう、という趣旨です。

「深く」と思うのは、青年層、20代、30代の人たちが、いまから崩れていくであろう借金経済の「悪い意味での主役」になってしまったからです。一部の青年たちは「マンションを買えば貴族になれる」という儚い夢に捉えられ、数十年かけても返せるかどうかわからない借金を背負いました。おまけにマンション価格は絶賛下落中です。

それすらかなわない青年たちは、単に住むところ、家を借りることすらできなくなりました。そのためのお金もローンを組んで銀行から借りなければならない、妙な借金システムのためです。

学びがある! 34
分かりやすい! 59
新しい視点! 23

https://news.yahoo.co.jp/articles/42f5aa1731b29901bd2206ad62eec49c9b3bfeea

ワトソン君シンシアリーさんって、前いましたね!

黒井今もいるけどww まあ最近は全然見かけなかったな。主にネット掲示板経由だったが、ブログも今でも続けてるんだろうか。まあいい。

ワトソン君韓国の不動産は、幻想ですよね・・・。借金は資産という考え方は、よく分からないです。

黒井「借金は資産」の言葉自体はローンでマンションを買うことではなく、言葉そもののの意味だったはずだけどな。要するにクレジットカードが打ち出の小槌に見えていた。

ワトソン君どういう意味ですか?

黒井クレカですぐに何でも買えるだろ?貯金がなくても。それは後で返さないといけない借金だが、韓国人はそれが分からず1ミリも返済せずクレカ破産が急増したという話だ。

ワトソン君全然ダメですね(笑) ボクの方が、まだキチンとしてます!

ワトソン君ネットユーザーの反応です!

・日本の1980年代後半とそこまで変わりません
韓国では借金=資産は正しいです。そのうち徳政令が出ます
・見栄っ張りな生活が災いしただけです
・違法手抜きオンパレードの韓国が迎える、数十年後のゴーストマンション群大規模修繕問題です

黒井韓国では何万もの不動産が売れ残ってるというし、中国と実態はそう大差ないかもな。来月にはもっと悲惨な状況になっているだろう。日本にとってはどうでもいい話だ。

ワトソン君韓国の皆さん、経済がダメになってもいいんです。キム委員長が養ってくれるからです!みんなで千年王国を築いて、豊かになりましょう!

黒井日本には関係ない!どうでもいい!韓国さようなら!

感想
  • ふざけるな (0)
  • やめろ (0)
  • おかしい (0)
  • 許せない (0)
  • 素晴らしい (0)
  • 驚いた (0)

News U.S. note 更新情報 News U.S. note 更新情報

News U.S. Patriot 更新情報 News U.S. Patriot 更新情報

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

社会・経済ランキング政治ランキング

More
articles

last week
topics