小西文書の半分以上は作成者不明だと総務省が発表w

小西文書の半分以上は作成者不明だと総務省が発表w
※画像はAIで生成されている場合があります。

小西文書の半分以上は作成者不明だと総務省が発表w

総務省は3月10日に放送法を巡る行政文書(通称小西文書)に関する調査状況を発表し、全48ファイルのうち26ファイルは作成者が確認できなかったことを明らかにした。同省の関係者十数人からの聞き取り調査の結果だ。

礒崎元首相補佐官から放送法の政治的公平に関する問い合わせは「あった」としたものの、強要の有無については認識できなかったという。

作成者が不明ならば、当然内容の真偽に関しても不明だ。つまり怪文書の域を出なかったということになる。小西議員はこんなものを根拠に高市氏へ辞任を迫っていたわけだ。

コメント欄では「捏造の疑いが限りなく高まった」「文書作成や更新をした人のユーザーIDが自動的に記録される仕組みのはず」「永田メール事件を彷彿とさせる」という香ばしい雰囲気となっていた。一体この件どう落とし前をつけてくれるのだろうか。(黒井)

放送法巡る文書 半数以上は作成者確認できず 総務省(産経新聞)
3/10(金) 17:38配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/a76e3fc7930f9e0e7224d48954942488e26fc9e4

感想
  • ふざけるな (0)
  • やめろ (0)
  • おかしい (0)
  • 許せない (0)
  • 素晴らしい (0)
  • 驚いた (0)

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

Popular posts:
社会・経済ランキング政治ランキング

More
articles

last week
topics