韓国国防相「レーダー照射なかった。むしろ日本が威嚇飛行」

韓国国防部長官の李某が「レーダー照射はなかったとの立場」を明らかにした。国会国防委員会で野党議員に問われた際の回答だ。

また李某は「むしろ日本の哨戒機が威嚇飛行した。これは間違いない」と日本に非があるように言い、続けて「日本の立場は韓国がレーダー照射をしたというもの」とも答え、認識のずれがあることを明らかにした。

韓国側としては日本と主張が異なることを理解はしているようだ。そのずれを明確にするために実務協議を何度も実施したというが、「今後また協議する」として解決への目途は示さなかった。

野党議員に聞かれるまで認否を明らかにしなかった以上、国防相としては触れてほしくなかった事案に見える。現野党はレーダー照射事件が起きた文在寅政権時代の与党だったはずだが、真相は大統領府のごく限られた人間のみが知っているものと推定される(黒井)

海自哨戒機へ「レーダー照射なかった」 日本側が威嚇飛行=韓国国防相

More
articles

last week
topics