モスクワ映画祭で受賞辞退 「戦争命令が下される都市で受賞できない」

※画像はAIで生成されている場合があります。

モスクワ映画祭で受賞辞退 「戦争命令が下される都市で受賞できない」

ブルガリア人映画監督のテオドル・ウシェフ氏が、第45回モスクワ国際映画祭で受賞を辞退する騒動が起こった。

ウシェフ氏のSF作品「φ(ファイ)1.618」は審査員特別賞に選ばれたが、受賞にあたってビデオ演説を行い、ロシアのウクライナ侵攻に抗議したためだ。

ウシェフ氏は、「子供、女性、高齢者を殺す命令が下される都市で受賞することはできない」と主張し、ロシア政府に対して非難を浴びせた。

作品は、現代のロシアが投影する全体主義世界とディストピア(反理想郷)について考えることを目的としており、最高賞を競うコンペティション部門に入った。

ウシェフ氏はモスクワ入りはしなかったが、記者会見やビデオメッセージを通じて、ロシアの外国文化排除やプーチン大統領を糾弾する発言を行っていた。27日の閉幕式でのビデオ演説では、受賞を辞退することを表明し、「戦争ではなく映画を作ろう」と訴えた。

受賞トロフィーは、映画祭責任者で政権寄りの巨匠ニキータ・ミハルコフ氏に預けられた。

なお、閉幕式のホールには公式メディアの国営テレビなどしか入れず、その他の報道陣は原則排除されていた。ウシェフ氏の反戦スピーチは本人のフェイスブックに掲載され、ロシアでは独立系メディアが報じた。

コメント欄では以下のような意見があった。

・ロシアによるウクライナ侵攻に対し、日本の映画関係者がモスクワ映画祭に参加して喜んでいることに疑問を呈し、辞退する選択肢はなかったの。

・文化と戦争は違うが、過去のアフガン侵攻時にモスクワオリンピックをボイコットしたように、現在のウクライナ侵攻に対しても批判的な姿勢を示すべきだ。受賞辞退は抗議の手段としては効果的だが、出品しない・参加しないという選択肢もあったのではないか。

・辞退したことばかりが賞賛されているが、出品・受賞を辞退するのは監督個人の判断ではなく、複数の関係者の協議が必要だ。

・受賞しても辞退しても、ロシアと関わる映画祭に参加することに問題がある。辞退することで抗議を表明するべきだ。

・ロシアのウクライナ侵攻を批判する中で、日本の映画関係者がモスクワ映画祭に参加し受賞を喜ぶことに疑問。来年度の参加については正しい判断を期待する。

・日本政府が対露制裁を行っている中、ロシアと関連する映画祭に参加することについて疑問。現地での安全性にも懸念。

・日本人がロシアで開催される映画祭に参加して受賞することに対して、個人的に情けなく感じる。

・監督が受賞を辞退した発言に対し、鈴木宗男氏の反応に興味を持っている。

・日本がロシアの映画祭に参加する意義に疑問。受賞しても日本では評価されない。

モスクワ映画祭で受賞辞退 ブルガリア人監督、侵攻に抗議
https://news.yahoo.co.jp/articles/8e198ea2192167f1e375582737877b433a9e73a3

感想
  • ふざけるな (0)
  • やめろ (0)
  • おかしい (0)
  • 許せない (0)
  • 素晴らしい (0)
  • 驚いた (0)

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

Popular posts:
社会・経済ランキング政治ランキング

More
articles

last week
topics