岸田、アフリカにも5億ドルプレゼント

日本の岸田文雄首相は、西アフリカのガーナの首都アクラでアクフォアド大統領と会談し、地域の平和と安定化に向けて約5億ドル(約687億円)の支援を行うことを表明した。

この支援は、3年間で行われるもので、両首脳は透明で公正な開発金融の重要性で一致したと報じられている。両首脳は、中国の過剰融資で返済が行き詰まり、支配を強められる「債務のわな」が念頭にあるとの認識を示した。

また、会談ではロシアのウクライナ侵攻を非難し、国連憲章を否定する行動は許されないとの認識を共有し、国連安全保障理事会の改革を含め、国連の機能強化での連携を確認した。

両首脳は、経済成長は平和と安定なくして実現できないとの認識で一致し、イスラム過激派の脅威が続くサハラ砂漠南部のサヘル地域の平和に貢献する考えを示した。

岸田首相は会談後の共同記者発表で、「アフリカの声をサミットの議論につなげたい」と語り、先進7カ国首脳会議(G7広島サミット)に向け、アフリカの課題や意見を反映させることを意図しているとのこと。

コメント欄では以下のような批判的な意見が並んだ。

「国際支援は重要だが、日本の財政状況を考慮して、金額よりも支援の質を重視すべき」。

「国内は増税で疲弊しているのに、海外には大金をばらまくなんて、岸田政権は自民党のATM化している」。

「支援が悪いわけではないが、まずは経済発展を優先すべき。財務省の言いなりでは経済はよくならない。国家観と信念を持ち、国防や経済に明るい人を次の総理にするべきだ」。

「国民を置き去りにした政治家の議論であり、政治家って本当に気楽な商売だなと。増税前に蓄えがあるかどうかを議論すべきだ」。

「自民党は自分のATMみたいに税金を使っている。過労死レベルの教員に対する対策や、居場所がない子供達を救うために使うべきだ。ガーナに支援するくらいなら、日本国内にお金を使え」。

「国内の問題を棚上げして、海外にばら撒くだけの岸田政権。支持率上がったとは驚き。外遊の手土産が5億ドルにしか見えない。増税止める考えはないのか」。

「岸田政権は後世に残る悪政になると思う。日本人のことを第一に考える政治家を見極めて投票すべきだ」。

アフリカ安定化へ、5億ドル支援 日ガーナ「透明な融資」で一致
https://news.yahoo.co.jp/articles/d1e14864ad03c98e12553ee549cec3fe430d7474

このニュースを見てどう思いましたか?
  • いいね (0)
  • びっくり (0)
  • 興味深い (0)
  • 役に立つ (0)
  • 腹が立つ (0)

News U.S. note 更新情報 News U.S. note 更新情報

Imagine Stock Photo 更新情報 Imagine Stock Photo 更新情報

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

Popular posts:
社会・経済ランキング政治ランキング

News U.S. 公式Xアカウント News U.S. 公式Xアカウント

More
articles

last week
topics