ブルームバーグ「6月FOMCで利下げあるかも」

株式市場の関係者たちが注目していることとして、米連邦公開市場委員会(FOMC)が今週の会合で決定した0.25ポイントの利上げが、7月までに反転される可能性が高いとの見方が金利スワップ市場に織り込まれている―――とブルームバーグが報道している。

さらに、そのような利下げが6月に実施される確率は約25%と推測されている。

7月の会合に関連したレートは一時4.83%を下回り、政策変更を考慮したフェデラルファンド(FF)金利の想定実効レート水準5.08%を0.25ポイント下回った。

また、6月限の想定実効FFレート水準は5.01%付近で、約7ベーシスポイント(1bp=0.01%)下回ると見積もられている。これは、早ければ6月に利下げが実施される確率が約25%あることを示唆している。

このような市場の動きは、FOMCが引き続き米国の経済状況に注視しながら、金融政策を調整していくことを意味している。

コメント欄では以下のような意見があった。

「原油価格の動向によってインフレや利下げの可能性が左右されるが、アメリカが最も利するという政治的な駆け引きもあるため、市場の動向が注目される。」

「FOMCが自らが明言した利上げを短期間で撤回することはあり得ないと思うが、プロはボラティリティ上げて利益を取りたいのかもしれない。」

「FRBと市場の認識ギャップが問題になっているが、金利スワップが示唆する通りになるか注目したい。」

「記事は投資家の関心を引くために可能性のあるフレーズを使っていると感じるが、確率で考えると0%ではない。」

「金利は当面据え置きで、利下げは早くて年末になると予想するが、パウエルはインフレ潰しに全力を注いでいる。」

「このようなニュースは勝手な予想に過ぎず、当事者の発言や結果とは異なることが多いように感じる。」

「記事はあくまで可能性や噂であり、パウエルが利下げをするとははっきりと言っていない。」

「パウエルは断固として利下げを拒否するだろうと予想する。」

「現在のアメリカの雇用統計や求人数からは、利下げがすぐに実施されるわけではなく、現利率で経過することが予想される。」

FOMCは7月までに利下げ、早ければ6月にも-金利スワップ示唆
https://news.yahoo.co.jp/articles/8e0f313110ad5bbe2b8cf8169b1e43532cd2f7ca

感想
  • ふざけるな (0)
  • やめろ (0)
  • おかしい (0)
  • 許せない (0)
  • 素晴らしい (0)
  • 驚いた (0)

News U.S. note 更新情報 News U.S. note 更新情報

News U.S. Patriot 更新情報 News U.S. Patriot 更新情報

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

社会・経済ランキング政治ランキング

More
articles

last week
topics