自民党内部で「公明党を捨てて維新に切り替えよう」 ⇒ 菅・二階が反発

日本の大阪で、先日の衆参議員補欠選挙と統一地方選挙の結果を受け、政界に激震が走っている。公明党は選挙で最も痛手を被り、大阪維新の会に過半数を許してしまった。

一方、自民党は、公明党やその支持母体である創価学会とのパイプがないため、関西、特に大阪における地方議員の自民党と公明党の連立に関与できないという問題を抱えている。

この状況に対し、自民党内では、公明党を切り捨て、維新と組んで憲法改正を進めるべきだという声が上がっている。

しかし、元首相の菅義偉と元官房長官の二階俊博は、この流れに異を唱え、反岸田・茂木連合を結成しているといわれている。菅と二階は、創価学会における立ち位置が異なるため、勢力をすみ分けてきた。

一方、大阪維新の会には、橋下徹や松井一郎のような有力な支援者がいるため、菅は維新の生みの親と自任し、二階は関西の牙城を守りたいという立場にある。

このような状況の中、権力闘争が複雑化している。菅は二階派の重鎮である武田良太に秋波を送り、維新の政策を後押しするようになった。

一方、二階は超党派の国会議員を集めて国際博覧会を成功させる国会議員連盟を発足させ、自ら会長に就任した。

このような権力闘争に加え、先日の選挙結果により、大阪維新の会が勢いを増しており、自民党と公明党の連立政権が存続するかどうかが問われている。

また、大阪市長選挙での北野妙子の敗北が自民党にとって致命的だったことも、政局の混迷を招いている。

自公が共倒れになっている状況の中、衆議院選挙も壊滅的になりそうな雲行きであり、自民党は大阪府連の抜本的な立て直しを図ろうとしている。

この状況に加え、2025年に開催される日本国際博覧会(大阪・関西万博)やカジノIR(統合型リゾート)の構想が進んでおり、大阪が政局の震源地となっている。

コメント欄では以下のような意見があった。

「主義主張が違う党同士の共闘も野合、連立も野合だと思う。結党理念や主義主張が違う党が個々の政策以外で協力するのは慎むべき」

「現行憲法はアメリカによって制定されたものであり、回復時に無効になったはず。現行憲法は廃止して新憲法を制定するべきだ」

「自民・公明の政治に緊張感が生まれるために、維新が自民批判票の受け皿になるのは良いことだと思う。まともな政党を作って政権奪取につなげたい」

「中道左派の公明党が自民党と連立政権を組むこと自体がおかしい。公明党は立憲民主党寄りであり、伺いを立てなければ憲法改正は叶わない。自維国政権の方が良い」

「維新は大規模開発に手を出しすぎるなど、身の丈以上のことを企んでいるため失望しているが、他の候補も支持できない。税金を無駄にしない政党が出てほしい」

「自民党の権力闘争が進み、人材不足が問題となっている。維新は大阪で身を切る改革をし、成果を出している。東京オリンピックを境に、政治も経済も潮目が変わったように感じる」

「公明党は創価学会女性部を説得して、現実的な政策に舵を切るべきだ。維新の勢いは風であり、確固たる支持組織があるわけではない。維新は自民とのつながりを望んでいるため、公明党を敵に回すようなことは避ける必要がある」

維新躍進で大阪政界に大激震!菅義偉と二階俊博が自民党中枢の「創価学会切り」に反発して泥沼化する権力闘争
https://news.yahoo.co.jp/articles/51fc2b64b1c4f5769b0164b4d80f5a7d88a1a0ff

感想
  • ふざけるな (0)
  • やめろ (0)
  • おかしい (0)
  • 許せない (0)
  • 素晴らしい (0)
  • 驚いた (0)

News U.S. note 更新情報 News U.S. note 更新情報

News U.S. Patriot 更新情報 News U.S. Patriot 更新情報

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

社会・経済ランキング政治ランキング

More
articles

last week
topics