ロシア下院議長「モスクワ攻撃の報復で戦術核を使用せよ」

ロシア下院議長「モスクワ攻撃の報復で戦術核を使用せよ」
※画像はAIで生成されている場合があります。

ロシア下院議長「モスクワ攻撃の報復で戦術核を使用せよ」

ロシアのプーチン大統領が、定例の安全保障会議で、モスクワ中心部の露大統領府を標的にした無人機攻撃への対応を協議したと報じられている。露大統領府は、ウクライナによる「テロ」と一方的に主張し、報復措置を講じると警告している。

この報復を巡り、ロシア国内では強硬論が勢いづく中、プーチン氏の判断が焦点となっている。

露大統領府は、5日の会議で「9日の対独戦勝記念日の祝賀行事に関連した複数の議題について協議した」と発表した。報復を巡り、プーチン氏の周辺でも意見が割れているとされ、露下院議長は3日、ウクライナ政権中枢に向けた戦術核の使用を促す極論をSNSで提案した。

一方、南部チェチェン共和国のラムザン・カディロフ首長は4日、「今日や明日でなくても構わない」と報復の実行を表明している。

また、ロシアの軍事専門家は英紙に対し、モスクワ周辺から発射された商業用の無人機が使用された可能性があると指摘している。

一方、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは、ウクライナの組織がウォロディミル・ゼレンスキー大統領ら政権の承認を受けずに攻撃を実行したとの見方が米当局者の間に浮上していると報じた。しかし、米国家安全保障会議は、この見方を否定し、米国の関与も否定している。

一方、タス通信によると、ロシアが一方的に併合したウクライナ南部クリミアの対岸にある露南部クラスノダール地方の燃料関連施設で5日、3日連続となる火災が発生したと報じられている。地元当局は、いずれも無人機攻撃を受けたと説明している。

このような状況下で、プーチン大統領の判断が注目される。

コメント欄では以下のような意見があった。

・露強硬派の議員がテロ行為としてキエフ政権を非難するSNSを綴った。

・ウクライナ攻撃自作自演かロシア国内のパルチザンによる攻撃かは不明だが、核攻撃を提案するプーチン政権はロシア国民に見放され、良い方向に持っていく人物を大統領に据えた政権に変えるべき。

・クレムリンに侵入した無人機について、何が何だか分からず、ロシアの学生運動家がやったのではないかと思う。ロシアは失態を隠蔽しながら、自分たちの都合の良い方向に持っていこうと四苦八苦している。

・戦争で勝てなくなったから、核兵器を使うための口実を作るための自作自演が妥当であろう。プーチン政権の主観的で身勝手な考え方に呆れる。

・ウクライナには会話も無く勝手に攻め込み、少し分が悪くなると勝手な事を言い出すロシア人の身勝手な考え方に驚きを禁じ得ない。ロシア民間戦役者派遣会社が武器供与不足にて離脱しようとしているのも良く分かる。

・ロシアは、長引く戦争への懸念や勝機に暗雲があるため、核を使うための口実を作るための自作自演をしている可能性が極めて高い。侵略軍を撤退させれば、死者数は劇的に減るだろう。

・ロシアの防空システムが何重にもあるのに、クレムリンへのドローン攻撃が成功したことは、ロシアにとって恐怖を意味する。ロシアはライフラインを支える輸出がなければ世界からはつまはじきになる。

・プーチン政権強硬派の極端な発信に呆れるばかりだ。クレムリンへのドローン攻撃は、ロシアの偽旗作戦とも言われている。

ロシア下院議長は戦術核の使用を提案…無人機攻撃巡り「報復」で強硬論
https://news.yahoo.co.jp/articles/99030e59136b6b453bced0bd23c7c3d12c127185

感想
  • ふざけるな (0)
  • やめろ (0)
  • おかしい (0)
  • 許せない (0)
  • 素晴らしい (0)
  • 驚いた (0)

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

Popular posts:
社会・経済ランキング政治ランキング

More
articles

last week
topics