韓国紙が願望記事「米国が半導体規制を緩和するかも」

最近、米国政府が中国への先端半導体装備の搬入を禁止しているため、韓国の半導体企業であるサムスン電子とSKハイニックスは装備の搬入リスクに直面していた。

しかし、英紙フィナンシャル・タイムズによると、米国政府が少なくともあと1年間、韓国企業に中国工場に装備を搬入することを許容するという明確なメッセージを送った。これにより、韓国企業の悩みは軽減されると期待されている…と韓国の愛国日報こと中央日報が報道している。

ただし、最先端半導体生産に必要な極端紫外線(EUV)露光工程装備については、中国工場に搬入することはできないと報じられている。EUV装備は、オランダ企業ASMLが世界で唯一生産しており、先端半導体製造には不可欠な装備である。

サムスン電子は西安にNAND型フラッシュメモリー工場、蘇州に後工程工場を持っており、SKハイニックスは無錫にDRAM工場があり、大連にあるインテルのNAND工場を買収した。

また、SKハイニックスは大連に買収した工場敷地に新たなNAND第2工場を増設しているが、新工場には大規模な装備が必要であるため、装備規制猶予措置が終了すると装備搬入に支障が生じる恐れがある。

韓国政府は、猶予措置の満了期限が今年10月に近づくにつれ、該当措置の延長を繰り返し要請してきた。最近の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領の訪米期間にも、韓国政府側は米国商務省側と会って話を交わしたと報じられている。

企画財政部は先月、訪米成果発表資料を配布し、「対中半導体装備輸出統制履行過程でも企業投資の不確実性を最小化することで合意した」と明らかにした。

業界関係者は、今回の猶予延長により、韓国半導体企業の負担感が軽減されると考えられている。ただし、EUV装備に関する規制は継続されるため、韓国企業は引き続きこの問題に対処しなければならない。

報道によれば、米国政府は今回の決定を、中国の先端半導体確保を遅らせることで同盟国の経済的な利益を害さないようにするためのものと評価している。

韓国企業が中国工場でメモリー半導体を相当量生産していることから、米国政府もこれに支障をきたすことは望んでいないという見方がある。

サムスン電子とSKハイニックスは、この報道について「公式的な立場はない」とコメントした。しかし、業界関係者は、今回の猶予延長によって韓国企業が少し一息つけると期待している。今後の動向に注目が集まっている。

コメント欄の意見:

「装置の保守に必要な部品が搬入できなかった場合、その装置は使い物にならなくなる。中国からの撤退勧告かもしれない。」

「最先端半導体生産に必要な露光工程装備は中国工場に搬入できないため、韓国半導体企業の負担感は緩和されるものの、匿名の業界関係者の解釈が都合良すぎる。」

「いずれは中国から見切りをつける必要があるかもしれない。韓国企業はアメリカに移行すれば安全だし、フッ化水素は韓国内での製造を強化する。」

「韓国はアメリカにも中国にも踏み絵を差し出された状態。国際的な常識がなさ過ぎる。」

「猶予期間は後始末を付けるためのもので、延期されても続けて良いものではない。」

「延期が本当なら大統領の最大の成果だけど、日韓関係改善を推進したご褒美というよりは、韓国企業からの中国への流出が懸念される。」

「1年猶予があっても、どっちに転んでも手遅れ。」

「自分たちの希望を現実に置き換える飛ばし記事かもしれない。」

サムスン・SKハイニックス、一息つけるか…「中国装備搬入1年延長」
https://news.yahoo.co.jp/articles/cc701da9f7bd988ae88f3238723dece7c098e1bd

感想
  • ふざけるな (0)
  • やめろ (0)
  • おかしい (0)
  • 許せない (0)
  • 素晴らしい (0)
  • 驚いた (0)

News U.S. note 更新情報 News U.S. note 更新情報

News U.S. Patriot 更新情報 News U.S. Patriot 更新情報

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

社会・経済ランキング政治ランキング

More
articles

last week
topics