岸田政権、少子化財源3兆円捻出のために医療保険上乗せ 「逆に少子化加速する」との声

黒井「日本を滅ぼしたいのか?」少子化財源年3兆円「医療保険料上乗せ」案に悲鳴殺到「逆に少子化加速する」 この記事はどういう内容?

ChatGPTこの記事は、日本政府が少子化対策のために年間3兆円の追加財源を確保する案を検討していることについて報じています。具体的な財源として、社会保障を中心とした歳出削減や公的医療保険への上乗せ徴収、企業の負担増などが考えられています。しかしこの案に対して、SNS上では悲鳴に似た声が上がっており、増税や負担増加によって逆に少子化が加速し、経済低迷を招く可能性があるとの批判があります。また、国民負担率の増加が少子化の原因の一因とも指摘されています。

黒井この記事の面白くない部分は?

ChatGPTこの記事の中に面白くないと感じられる部分は、主に以下の点が挙げられます:

少子化問題への対策に対して、政府が増税や負担増加を含む追加財源の確保を検討していることに対する批判的な意見が多いという点。多くの人が増税に反対し、少子化対策においては別のアプローチを求めていることが示されています。

社会保険料の増加による負担の重さが少子化の原因とされていること。国民負担率の増加が少子化をさらに進行させる可能性があるという指摘があります。

政府の少子化対策に対する不信感や、増税を隠すための策略とみなされていることに対する批判が示されています。

これらの要素が記事に含まれており、読者にとっては興味深いとは言い難い点かもしれません。

黒井コメント欄の意見は?

ChatGPTコメント欄の意見をまとめました。

ayaさん: 節約から始めるべきであり、無駄な支出や無用な医療行為の見直しを提案している。

Elena Saitoさん: 少子化の直接的な原因は若者の貧困であり、有権者を現役世代中心にし、財源の使い道を国会で議論するべきだと主張している。

*****さん: 手当があるからといって子育てに頼っておらず、第一子の手当を増額すべきだと述べている。

pjsさん: 光熱費や物価上昇に苦しんでいる中、増税は避けるべきだが、保育園や医療費に対しては一定の負担を求めるべきだと主張している。

kuwさん: 政府は民間企業のように節約し、バラマキ的な支援をやめて減税に充てるべきだと提案している。

yayaさん: 政府の少子化対策は実質的に逆の効果を生む可能性があり、少子化がさらに進むと指摘している。

yasさん: 少子化対策は次世代を支援し、高齢者には相応の負担を求めるべきだと主張している。

pooさん: 国に財政的な余裕がない場合、少子化対策による負担増はむしろ少子化を促進すると述べている。

ecrさん: 氷河期世代の採用人数の減少が少子化の一因であり、当時の政策の問題点を指摘している。

manさん: 高齢者の割合が高い日本では国民負担率が上昇し、次世代育成の負担が親の自己責任になっていることを指摘している。

黒井高齢世代はいいとしても、現役世代の医療費にも上乗せするなら逆効果としか言いようがないよな。この政策で少子化は加速するだろう。

ワトソン君無意味ですよね・・・。もうちょっと考えてほしいです。

感想
  • ふざけるな (0)
  • やめろ (0)
  • おかしい (0)
  • 許せない (0)
  • 素晴らしい (0)
  • 驚いた (0)

News U.S. note 更新情報 News U.S. note 更新情報

News U.S. Patriot 更新情報 News U.S. Patriot 更新情報

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

社会・経済ランキング政治ランキング

More
articles

last week
topics