黒井G7首脳宣言に中国抗議 在中国大使は「中国が対応改めるべき」と反論 この記事はどういう内容?

ChatGPTこの記事は、中国がG7広島サミットの首脳宣言に抗議し、在中国の日本大使館の垂秀夫大使が反論したことを報じています。

中国外務省は、G7広島サミットの首脳宣言が中国を中傷し、内政に干渉するものだとして抗議しました。中国外務次官の孫衛東氏は、垂大使を呼び、台湾問題や東シナ海の問題についても言及し、中国の核心的利益であるレッドラインを越えてはならないと主張しました。

それに対して、垂大使は中国が対応を改めない限り、G7が中国について言及するのは当然であり、将来も変わらないだろうと反論しました。さらに、日中関係が厳しい時こそ民間交流を推進することが重要であると述べ、中国側に民間交流や文化交流の実施を妨げないよう改善を求めました。

黒井コメント欄の意見は?

ChatGPTコメント欄の意見をまとめました。

ranranさん: 垂大使の毅然とした対応は素晴らしい。相手に真意が伝わるためには、しっかりとした発言が必要だ。

xhtさん: G7の共同声明は日本だけが作成したものではなく、日本大使だけを呼び理屈ではなく自己主張だけをする態度は非難されるべきだ。中国が嫌われる行動が多すぎる。

nexさん: 垂大使は中国大使に任命されたときから覚悟を持って臨んでいる。敬意を表したい。

amaさん: 垂大使の対応は称賛に値する。ロシアや中国への強気な対応には根拠があるのだろうか。

oldさん: 習近平は中国の再興を本気で考えており、台湾を武力で併合する意志があると感じる。日本の運命を考えると背筋が寒くなる。

papさん: 中国は他国を抑圧しながら排他的なサミットを開催しており、自分たちの行動を棚に上げている。中国の言動は多くの人に嫌われている。

yumさん: 垂大使の反論は当然だ。中国が領海侵犯などの行動を繰り返すならば、国際社会の反発を受けるのは当然のことだ。

tskさん: 垂大使の毅然とした対応を支持する。中国が台湾を武力で併合すると言っているのは、自ら招いた反発だ。

武士道さん: 垂大使が正々堂々と言い切ってくれている。しっかりと仕事を成している方がいることは有り難い。親中派議員も日本国益を守り抜く気概を示してほしい。

黒井「中国大使」と書かれると、日本や米国にいる中国大使かと思うよな。表記は正確にしてもらいたい。中国様の前でこんな主張をされると困るということかもしれないが。

ワトソン君ホントですね!分かりにくいタイトルです。

ワトソン君中国の皆さん、価値観が違い過ぎます!さようなら!

このニュースを見てどう思いましたか?
  • いいね (0)
  • びっくり (0)
  • 興味深い (0)
  • 役に立つ (0)
  • 腹が立つ (0)