・中国政府が米半導体メーカーのマイクロンの製品購入中断措置を発表したことで、半導体業界が緊張状態にある。
・韓国企業であるサムスン電子やSKハイニックスには当面の間、大きな影響はないと予想されている。
・ただし、韓国企業が次の制裁の対象になる可能性もあり、業界内ではその懸念が広がっている。

ChatGPT中国政府が米国の半導体メーカーであるマイクロンの製品購入中断措置を発表したことにより、業界は緊張状態にあります。この措置が韓国企業にどのような影響を及ぼすかは明確ではないものの、当面の間はサムスン電子やSKハイニックスなどの韓国企業には大きな影響が出ないと予想されています。しかし、半導体市場の不確実性が高まる可能性があり、業界は神経を尖らせています。

中国外交部の報道官は、中国の市場供給減少を韓国企業が埋めることを米国が要求する場合には反対すると明言しており、中国政府も反応を見せています。また、米国政府が韓国政府に対して中国の半導体販売禁止の場合には韓国企業がその穴を埋めないよう要請したとも報道されています。

マイクロンへの制裁措置は米国が先制的に行ったものであり、中国政府の反撃として位置づけられています。中国は昨年から半導体産業の崛起を阻止するために輸出統制措置を取っており、今回の措置はその一環とされています。中国政府の措置が他の外国企業にも拡散する可能性があるとの指摘もあります。

サムスン電子やSKハイニックスは現在、マイクロンの代替となる存在として重要な立場にあります。しかし、両社はまだ中国政府の決定について公式な立場を明らかにしていません。

分析では、中国政府の措置が韓国企業に大きな影響を及ぼすことはないとされています。中国は自給自足の立場にないため、韓国企業まで攻撃する理由はないと予想されています。また、韓国の半導体産業協会の専務は、中国の立場では今回の措置に実益も損害もないと予想しており、短期的には韓国企業には影響がないと述べています。

一方で、中国企業がマイクロンの空白を埋める可能性も指摘されています。サムスン電子やSKハイニックスにとっては最悪のシナリオとなります。中国企業の成長を見守るしかない状況であり、マイクロンの穴を積極的に埋めることは難しいでしょう。

しかし、韓国企業が次の制裁の対象になる可能性もあり、業界内ではその懸念が広がっています。具体的な影響はまだ分からない状況ですが、状況の推移に注目する必要があります。

コメント欄の意見:

takさん: 中国の報復を恐れてG7協議体への参加を大韓民国が拒否されると、アメリカから中国と合わせて制裁の対象にされる可能性があるかもしれません。国際的な立ち回りのマズさは進歩していないように感じます。歴史から学べなかったのかな?

bilさん: 中国は自分たちが返り血を浴びるような制裁はしないと思います。今回の措置は影響が少なく、パフォーマンスの意味合いが強いのかもしれません。

vinさん: お互い様ですね、なかなか面白い状況です。

黒井韓国を制裁するとしたら、その時には中国企業が韓国サムスン並みに半導体を製造できるようになっている。つまり制裁と分からないように韓国企業への発注を減らして、韓国で巨額の貿易赤字が出るようにする。

ワトソン君その方がいいんですか?

黒井韓国は「制裁されている!被害者だ!」で動く国だからな。じわじわと痛めつけられる方が気付かないと思う。日本にとってはどうでもいい話だ。

ワトソン君確かに(笑)

ワトソン君韓国の皆さん、価値観が違い過ぎます!さようなら!

このニュースを見てどう思いましたか?
  • いいね (0)
  • びっくり (0)
  • 興味深い (0)
  • 役に立つ (0)
  • 腹が立つ (0)