韓国軍戦闘機F-35Aが鳥と衝突 ⇒ 廃棄へ

・韓国軍の第5世代ステルス戦闘機F-35Aがワシとの衝突事故により損傷している。
・機体の修理費が1000億ウォン(約105億円)を超えるため、廃棄も検討されている。
・韓国軍はロッキードマーチン社と修理について協議中であり、機体の廃棄も考慮している。

ChatGPT韓国軍の第5世代ステルス戦闘機F-35Aが、昨年1月にワシ(鷲)との衝突事故により損傷していることが分かりました。修理費が1000億ウォン(約105億円)以上になるため、軍は機体を廃棄する可能性も検討しています。

当時、F-35Aは韓国の清州基地を離陸し、射撃場への進入中にワシと衝突しました。ワシは機体の隔壁を突き抜け、左側の空気吸入口に吸い込まれ、ランディングギア作動油圧導管や電源供給配線、車輪などが破損しました。

操縦士はランディングギアが作動しない状況下で、高度な技術を駆使して胴体着陸を行い、韓国の空軍瑞山基地に着陸しました。幸いなことに、この事故による人的被害はありませんでした。

現在、韓国の空軍はF-35Aの修理について、製造元である米国の防衛産業企業であるロッキードマーチン社と協議しています。修理費用は非常に高額であり、韓国軍が負担しなければなりません。修理費は1000億ウォン以上になるため、機体の廃棄も検討されています。

この事故は企業の責任ではなく、韓国軍が修理費用を負担する必要があります。修理費用は、2019年に韓国に引き渡されたF-35Aの購入価格である1億ドル(約1300億ウォン)に近い金額です。

空軍関係者は現在、修理費用と修復計画についてロッキードマーチン社および米国政府事業団と協議しており、「経済性と安全性を考慮して総合的に判断し、修理を行うかどうかを決定した後、航空機の活用計画を検討する」と述べています。

コメント欄の意見:

k_sさん: 廃棄する場合、廃棄先の管理や部品の回収に注意すべきだと指摘している。

vivさん: 戦闘機は機密情報の保護が必要で、修理や廃棄には特定の工場が関与すると述べている。また、引取りには一定の費用がかかる可能性があるとも述べている。

hicさん: 壊れた飛行機を適切に処理する必要があり、部品の回収や破壊などの対策が必要だとコメントしている。廃棄の場合はロッキードマーチン社が回収する可能性があり、その際に金銭のやり取りが生じる可能性があると指摘している。

pvaさん: 戦闘機は高速で飛行するため、鳥との衝突だけでも大きなダメージを受ける可能性があるとコメントしている。修理の経済性を考慮する際には、修理費用が高額になることも考慮されるだろうと述べている。

hirさん: 韓国のF2戦闘機やF15の改修にも高額な費用がかかり、効率が悪いとの意見を述べている。

misさん: 廃棄の場合は全分解が必要であり、修理費用が購入費用を上回ることに疑問を呈している。

agvさん: 廃棄処分においては米国が関与する可能性が高く、韓国は費用や運送について米国に支払うことになると予想している。韓国としては自分で処分するよりも米国に引き取ってもらう方が簡単だと述べている。

黒井鳥に打ち落とされる韓国軍戦闘機。最弱か。

ワトソン君地上最弱の軍ですね(笑)

黒井さすがはお笑い韓国軍。相変わらずじゃないか。

ワトソン君韓国の皆さん、愛国心を発揮するのはやめましょう!現実に目を向けて下さい!さようなら!

このニュースを見てどう思いましたか?
  • いいね (0)
  • びっくり (0)
  • 興味深い (0)
  • 役に立つ (0)
  • 腹が立つ (0)

News U.S. note 更新情報 News U.S. note 更新情報

News U.S. Patriot 更新情報 News U.S. Patriot 更新情報

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

Popular posts:
社会・経済ランキング政治ランキング

News U.S. 公式Xアカウント News U.S. 公式Xアカウント

More
articles

last week
topics