自民党と公明党の対立深まる 連立解消の可能性

・自民党と公明党の間で対立が深まっている。
・対立の発端は、衆院小選挙区の調整に関する意見の食い違いであり、特に東京28区での候補者擁立を巡って対立が生じている。
・一部では、自民党と公明党の連立解消の可能性が高まっているとの声が上がっている。

ChatGPT

この報道によると、自民党と公明党の間で対立が深まっており、連立解消の可能性が浮上しているようです。対立の発端は、自民党と公明党の間で衆院小選挙区の調整についての意見の食い違いがあり、特に東京28区での候補者擁立を巡って対立が生じたようです。

公明党は自民党に対し、「東京28区を譲らない場合は、東京の自民党議員に推薦を出さない」という態度を示しており、公明党の強硬な姿勢は、統一地方選での日本維新の会の躍進による影響もあるようです。維新の会は公明党が議席を持つ大阪や兵庫などで候補者擁立を検討しており、公明党は議席を失う可能性があるため、他の地域での小選挙区獲得に力を入れているようです。

自民党都連の萩生田光一会長は、新東京28区に自身が支持している候補者を擁立しようとしており、公明党の候補者擁立に反対しています。このことが自民党内での対立を深めており、一部の声では、自民党と公明党の連立解消の可能性が高まっているとされています。

一方で、自民党内では、自民党と公明党の代わりに維新の会との連立を模索する声もあるようです。萩生田会長と維新の会の松井一郎氏との関係が良好であり、維新の会との選挙協力を考えているという報道もあります。維新の会側も連立の可能性を否定しておらず、自民党との連携が公明党よりも近いとされています。

以上が、報道による情報の要約です。ただし、この情報は特定のニュースソースからの報道であり、その真偽や現在の状況については確認が必要です。

コメント欄の意見:

a_sさん: 公明党と連立したのは票の欲しさであり、公明党も影響力を求めているのではないか。連立しているからといって他党の選挙区にケチをつけるのはおかしいと思う。

banさん: 公明党の影響力の強さに反対し、維新との連立を支持する。安定は難しいが、自民下野の可能性が高まる場合もある。


shiさん: 自民党と公明党の連立には違和感があり、連立解消しても不思議ではない。自民党都連の萩生田会長が公明党の候補者擁立に反対していることに怒りを感じる。公明党に頼らずに自民党が力をつける機会だと思う。


mf_さん: 公明党との連立は創価学会の影響力が強いため反対する。維新との連立は良いと思うが、安定は難しい。自民、国民、維新の連立が望ましいが難しい。


kojさん: 公明党と自民党の連立は支持基盤の違いがあり、公明党の支持基盤は全国にある一方、維新の支持基盤はまだ限定的である。公明党に頼らずに自民党が選挙でどれだけ負けるのかを試してみたいとの考えがあるのかもしれない。


xsdさん: 自公連立は解消しないだろうとの見方を持つ。公明の支援がなくなるのは東京に限られるため、選挙後に新たな選択肢が出てくる可能性があると考える。


koby: 自民党と公明党の関係は賞味期限が近いと思われる。連立解消後、自民党は単独過半数を獲得するのは難しいが、公明党は議席を激減させることになる。選挙後に再び連立を模索するか、維新との連立を考える選択肢が生じるだろう。


ujtさん: 維新の方が自民党に近い考え方を持っているため、自民・維新の連立が望ましいとの意見。しかし、維新の議席が減少する可能性があるため、自民党に入党するのが良いのではないかとの考えもある。

黒井公明党と連立解消しても与党多数を維持できるならやってみればいい。そうすることで、岸田政権への評価も変わってくる可能性はある。

ワトソン君維新は、信用できますか?

黒井少なくとも公明よりは。今までがあまりにも異様な状況だったからな。

ワトソン君公明党の皆さん、さようなら!

感想
  • ふざけるな (0)
  • やめろ (0)
  • おかしい (0)
  • 許せない (0)
  • 素晴らしい (0)
  • 驚いた (0)

News U.S. note 更新情報 News U.S. note 更新情報

News U.S. Patriot 更新情報 News U.S. Patriot 更新情報

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

Popular posts:
社会・経済ランキング政治ランキング

More
articles

last week
topics