韓国文在寅のドキュメンタリー映画が大コケ

・韓国の前大統領文在寅氏のドキュメンタリー映画『文在寅です』が興行不振と報じられる。
・映画の観客動員数が伸び悩んでおり、無料チケットや割引チケットの入場者も多かった。
・文在寅氏の政権のスキャンダルや政策の失敗により、国民の支持離れが進んでいる可能性が指摘されている。

ChatGPT

この記事は、韓国の前大統領である文在寅氏のドキュメンタリー映画『文在寅です』が不人気で興行不振であることを報じています。映画は文在寅前大統領が自身の政策を自画自賛する内容であり、国民からの支持を失っていることが露呈していると述べられています。

記事は、映画の公開直後には観客動員数が比較的多かったものの、そのうち1万人以上が無料チケットや割引チケットで入場したと指摘しています。さらに、公開後数日で観客数が急減し、野党系のインターネット・コミュニティーサイトでは映画の視聴を呼びかける書き込みが相次いだと報じられています。

記事は、比較として、2017年に公開された他の政治家をテーマにした映画の観客動員数を挙げています。その中で、盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領を扱った映画は185万人の観客を動員し、曺国(チョ・グク)元法相を扱った映画も33万人の観客を集めたと述べられています。

この記事は、文在寅氏の政権がスキャンダルに見舞われ、政策の成果が上げられなかったにもかかわらず、国民の支持離れが起きなかったと指摘しています。これはかつては文在寅氏を支持していた革新系が固く団結していたからであると述べられています。しかし、映画の不人気ぶりは国民の文在寅氏離れを象徴しており、文在寅氏側近もこの声を真剣に受け止めざるを得ない状況にあるとしています。

コメント欄の意見:

meruさん:朴槿恵、李明博、そして文在寅と、この3人から日韓関係は怪しくなった。以前は外交的な関係があったが、彼ら以降は最悪だった。岸田首相と尹錫悦大統領の献花の光景を見ても、過去の韓国の行動を忘れることはできない。

ypsさん:この国の左右のブレは振幅が大きく、日本の右傾化とは異なる。中国が経済的な圧力をかけ、北朝鮮が本気の挑発を始めれば、再び大きく左に傾くだろう。これは日本の支配や南北分裂の問題ではなく、半島の宿命であり、振幅を止めるには中国に付くしかない。諦めるしかないと思う。

tamさん:文在寅政権の時は反日が横行し、募集工問題や慰安婦問題、竹島問題などが解決不可能な状態になった。日本では当時の思いを持つ人が多いと思う。

hokさん:韓国国民は誇りの高い人々と言われているが、日本への批判や観光客としての行動を見ると、その誇りを感じることができない。

nohさん:大統領が退任してからも、映画を通じて功績を取り上げる一方で、不正な行動や反日政策には目を向けなかった。この国の課題は、熱しやすく冷めやすい国民性にある。

miyさん:朴槿恵、李明博、そして文在寅とこれまでの韓国の大統領たちは、日韓関係を悪化させた。特にこの数年の韓国の行動は酷く、忘れることはできない。

黒井韓国民が反日の害悪さに気付いてしまったのか。喜ばしいのか、悲しむべきなのか。

ワトソン君ホントですね・・・。意地悪クラブのせいで、ムン大統領はすっかり人気がなくなってしまいました。

黒井「韓国もG8の一員」とか寝言を言うくらいなら反日の方がまだマシかもしれないよな。まあ米欧は引き続き冷ややかな目で見ているようだが。

ワトソン君韓国の皆さん、価値観が違い過ぎます!さようなら!

感想
  • ふざけるな (0)
  • やめろ (0)
  • おかしい (0)
  • 許せない (0)
  • 素晴らしい (0)
  • 驚いた (0)

News U.S. note 更新情報 News U.S. note 更新情報

News U.S. Patriot 更新情報 News U.S. Patriot 更新情報

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

Popular posts:
社会・経済ランキング政治ランキング

More
articles

last week
topics