韓国原子力研究院「福島汚染水を飲んではならない」

・韓国原子力研究院の朱漢奎院長は福島処理水は飲用水基準をはるかに超えるため、飲むべきではないと公式に明言した。
・彼は英国オックスフォード大学のウェード・アリソン名誉教授の発言は個人的な意見であり、研究院の公式見解ではないと述べた。
・朱院長は福島処理水のトリチウム濃度と飲用水基準の差を指摘し、研究院が常時飲用を控えるよう呼びかける報道資料を出す予定であると述べた。

ChatGPT

この記事では、韓国原子力研究院の朱漢奎院長が福島原発処理水に関する問題について述べた内容が伝えられています。朱院長は、福島処理水は飲用水基準をはるかに超えるため、飲んではならないと公式な立場であると明言しました。

この発言は、最近話題となった英国オックスフォード大学のウェード・アリソン名誉教授の「福島原発処理水を1リットルでも飲める」という発言と関連しています。朱院長は、アリソン教授の発言は個人的な意見であり、韓国原子力研究院の公式な見解ではないと述べました。

朱院長はさらに、福島処理水のトリチウム濃度が平均で62万ベクレルであるのに対し、飲用水の基準は1万ベクレルであることを指摘しました。彼は韓国原子力研究院が報道資料を出して常時飲用を控えるよう呼びかける予定であることも述べました。

朱院長はまた、アリソン教授の発言が初めて出された記者懇談会は韓国原子力研究院の主催ではなく、原子力学会と社団法人『事実と科学ネットワーク』が主催したものであると説明しました。

野党議員からは、韓国原子力研究院がアリソン教授の発言に対してすぐに措置を取らなかった点に対する指摘がありましたが、朱院長はこれに対してすぐに措置を取らなかったことは誤りだったと述べ、報道資料を出して措置をする意向であると答えました。

コメント欄の意見:

Jijyさん: 「海水で薄めれば飲料水基準まで濃度が下がる」と指摘し、処理水を海洋放出すべきだと主張している。

aaaaさん: 処理水の議論から飲める飲めないの議論にすり替わったことに疑問を呈し、海洋放出の基準を満たせば良いと述べている。


kpnさん: 処理水と希釈後の水を混同するなど、韓国原子力研究院の教授の説明に疑問を持っている。


頭使え: 韓国原子力研究院が処理水の定義を誤っていると指摘し、日本の処理方法について注釈が必要と述べている。


アーサーさん: 英教授と韓国原子力研究院長の発言を比較し、肩書や権威の差に言及している。


nobさん: 処理水と希釈前の水の違いを指摘し、学者としての責任があると述べている。


Nemesisさん: 飲用に使うわけではなく放射性物質の心配がない意味で英教授の発言を理解すべきだと主張している。


vivさん: 実際に処理水で魚を飼ってみるべきだと提案し、海洋汚染や海産物への影響を考慮すべきだと述べている。


nicさん: 韓国が日本を批判することに疑問を呈し、科学的な見解を無視する姿勢を批判している。

メガネをかけたおじさん: 日本の処理水の安全性を指摘し、韓国が自国の原発排水についても言及すべきだと述べている。

感想
  • ふざけるな (0)
  • やめろ (0)
  • おかしい (0)
  • 許せない (0)
  • 素晴らしい (0)
  • 驚いた (0)

News U.S. note 更新情報 News U.S. note 更新情報

News U.S. Patriot 更新情報 News U.S. Patriot 更新情報

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

Popular posts:
社会・経済ランキング政治ランキング

More
articles

last week
topics