・中国東北部の鶴崗市が深刻な財政再建の苦闘を経験している。
・地方政府の重債務問題が中国経済に悪影響を及ぼす恐れがある。
・住民の不満が噴出し、地方財政の悪化が進んでいる。

ChatGPT

この報道によれば、中国東北部の黒竜江省鶴崗市が深刻な財政再建の苦闘を強いられており、これは中国共産党の習近平指導部にとって不吉な前兆とされています。鶴崗市は高額の債務を抱えており、他の重債務を抱えた地方政府も同様の問題に直面している可能性があると報じられています。

この財政問題は地方の住民にも影響を及ぼしており、住民たちは冬の寒さで暖房が不十分であったり、交通違反の罰金が増えたり、人員削減のうわさに不安を感じたりといった不満を漏らしています。さらに、公立学校の教師は自分たちの職を心配しており、道路清掃員は給与支払いの遅延に耐えている状況です。

この問題は地方政府の債務問題が中国経済に数年にわたり悪影響を及ぼし続ける可能性があり、鶴崗市はその一例に過ぎません。投資家たちはこの問題に神経をとがらせており、中国政府の債務総額は23兆ドル(約3170兆円)に上るとの見積もりもあります。

中国共産党の習近平総書記は所得水準の倍増や貧富の格差の縮小といった野心を掲げていますが、地方政府の財政問題が続けば、彼の立場にも危機が及ぶ可能性があるとされています。

一部のシンクタンクの専門家は、今後数年で鶴崗のような都市が増えるだろうと予想しており、中国の多くの都市は高齢化や人口減少の影響で労働力の不足や経済成長と税収の維持が難しくなると指摘しています。

一部の投資家はすでに黒竜江省に対する債券投資にリスクを感じており、同省の債券利回りが全国平均よりも高いと報じられています。

中国政府は地方政府の債務借り換えを促すことで一時的に事態を安定させることができるかもしれませんが、融資が延長されなければ多くの地方政府が債務を返済できなくなる可能性もあるとされています。

以上が、報道における中国・習指導部に関する不吉な前兆と地方財政の悪化についての概要です。ただし、この情報はメディアの報道に基づいており、確証された情報ではありませんので、注意が必要です。

コメント欄の意見:

aurさん: 最近、中国の多くの地域で罰金や駐車料金の徴収が強化されており、地方政府は収益を上げるために新たな規定を作り出している。

ngnさん: 中国は調子に乗り過ぎており、デリスキリングによって中国の野望を阻止する必要がある。

yfxさん: 国外では相互主義移行に集中砲火が浴びせられており、デリスキリングによって中国の野望を阻止できる可能性がある。

tosさん: 中国共産党の価値観は国からの与えられることを当たり前と考える傾向があり、それがなくなるとすぐに不満が爆発する。

中国人ですさん: 中国の生活費について詳しく言及しており、日本人と中国人の我慢強さに差があると指摘している。

matさん: 共産主義国家が資本主義の真似をしても勝てないと考えており、中国のイデオロギーの矛盾から瓦解すると予想している。

iyjさん: 鶴崗市の財政問題に対する適切な対策があれば、このような状況にはならなかった可能性がある。

jamさん: 地方の共産党幹部は数字を誤魔化している可能性があり、いつかデモが起こるかもしれない。

Ymさん: 習近平は別の人に一度やらせて責任を取らせる方が長期的な政権運営に有利かもしれないとの意見がある。

mikさん: 北部の衰退と主要都市の南部へのスライドが進んでいると聞くが、1つの都市の悪化を参考にしてよいのか疑問がある。

感想
  • ふざけるな (0)
  • やめろ (0)
  • おかしい (0)
  • 許せない (0)
  • 素晴らしい (0)
  • 驚いた (0)