・中国の李輝ユーラシア事務特別代表がウクライナ情勢の和平仲介に向けて活動している。
・李氏は欧州各国の当局者に対し、ロシアに領土保有権を残す条件で即時停戦を呼びかける立場を示した。
・欧州側は李氏の提案を拒否し、露軍の撤退なしでの停戦は国際的利益にかなわないと主張している。

ChatGPT

この記事によれば、中国の李輝ユーラシア事務特別代表がウクライナ情勢の和平仲介のために欧州を訪問し、ウクライナや欧州の当局者に対し、「ウクライナ国内の占領地域の保有権をロシアに残す条件で即時停戦を呼びかけるべきだ」という立場を示したと報じられています。また、中国は過去にウクライナ危機の政治解決に関する立場を発表しており、「各国の主権や独立、領土保全は適切に保障されるべきだ」と指摘しています。

ウォールストリート・ジャーナルによると、欧州側は李氏の提案を拒否し、「露軍の撤退なしでの停戦は国際的利益にかなわない」「欧州を米国から引き離すのは不可能だ」と述べています。

李氏はまた、ロシアの外相ラブロフと会談し、ウクライナ情勢や紛争解決の見通しについて協議しました。ラブロフ氏は中国の「思慮深い立場」に感謝の意を示し、「中国が紛争解決に積極的な役割を果たしている」と評価しています。

この記事によれば、中国は過去に中立の立場を主張してきたが、習近平国家主席のロシア訪問や中露両政府高官の往来が続いていることから、欧米側は中国の中立性を疑問視しているようです。

コメント欄の意見:

ryuさん: 「軍事的に支配した領域は正当性がなくても支配者に渡されるべきだ」という中国の立場は、植民地帝国の論理そのままであり、悪夢のような結果を招く可能性がある。

estさん: 東部に親ロシア派がいる限り、領土の放棄は反対であり、東部の割譲は避けられないと考えている。

aurさん: 中国の領土問題の仲介案は実質的にロシア寄りであり、中国の外交の失墜や領土放棄の迫り具合が注目される。

isiさん: ウクライナに対して受け入れられない停戦条件であり、これを認めると他国侵略を是とする慣例が生まれかねない。民主主義陣営はウクライナを応援している理由がここにある。

sg3さん: 中国の真の目的は欧州を米国から引き離し、中国の影響力を高めることであり、中国の中立性に疑問を抱く声が多い。

。。さん: 中国は台湾に対しても同様の放棄を求める意図があり、西側は中国に対して「台湾に侵攻すれば同じ運命になる」と警告すべきだ。

lieさん: 中国の最大の目的はロシアの民主主義政権樹立の阻止であり、一党独裁支配が優先されることを肝に銘じるべきだと指摘している。

ブルさん: 中国はロシアに頼られない状況を望んでおり、中国自身の利益を考えた提案であり、中国の宣伝が実態以上に膨らんでいたことが浮き彫りになった。

L99さん: 中国は領土拡張を狙っており、日本の防衛力強化や国際連携の重要性が強調される。

ajinoさん: 中国の提案は実質的に武力による領土拡張を求めるものであり、第二次世界大戦以降の国際秩序に対する否定となる。

感想
  • ふざけるな (0)
  • やめろ (0)
  • おかしい (0)
  • 許せない (0)
  • 素晴らしい (0)
  • 驚いた (0)