【韓国】市民団体が「カネ払え」と募集工被害者に要求し大問題に

・韓国外交部の幹部が徴用被害者の自宅を訪れ、面会できなかったためメモと手土産を預けて去る。
・徴用被害者支援団体の代表が別の遺族に賠償金を要求し、批判を浴びる。
・市民団体の行為には「歴史問題を利用したビジネス」との批判がある。

ChatGPT

この報道によると、韓国外交部の幹部が徴用被害者の自宅を訪れ、面会を試みたものの、面会できなかったためメモと手土産を預けて去ったとされています。これに対して、徴用被害者を支援する市民団体は外交部の行為を無礼だと批判しています。一方で、市民団体の代表であるイ理事長自身が最近、別の徴用被害者遺族に賠償金を要求したことも明らかになりました。この行為に対しても被害者側や一部の人々から批判の声が上がっています。

報道によれば、市民団体は裁判初期から徴用被害者を支援してきた一方で、徴用被害者が望まない面会を強制し、賠償金の要求を行ったとして批判されています。また、「歴史問題を利用したビジネス」との批判も出ているようです。この団体は一部の遺族が自身の遺志に従うかどうかを尊重するとの立場を示しています。

この報道は、韓国の徴用被害者問題や関連する市民団体の行動についての複雑な状況を伝えています。

感想
  • ふざけるな (0)
  • やめろ (0)
  • おかしい (0)
  • 許せない (0)
  • 素晴らしい (0)
  • 驚いた (0)

News U.S. note 更新情報 News U.S. note 更新情報

News U.S. Patriot 更新情報 News U.S. Patriot 更新情報

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

Popular posts:
社会・経済ランキング政治ランキング

More
articles

last week
topics