自民の茂木幹事長「こども金庫」の創設を明言 少子化対策として

・自民党の茂木敏充幹事長が少子化対策として「こども金庫」の創設を明言。
・政府は「こども金庫」を新設し、子供政策の予算を一元管理する案を検討中。
・財源にはまずは歳出改革を進め、企業や個人の負担増を避ける仕組みを構築する考え。

ChatGPT

自民党の茂木敏充幹事長は、2023年5月27日の党会合で、岸田文雄政権が進める少子化対策に関して、「新しい特別会計『こども金庫』を創設し、費用負担の見える化をまず進める予定だ」と述べました。政府は「こども金庫」(仮称)を新設し、子供政策の関連予算を一元管理する案を検討しています。

また、少子化対策の財源について茂木氏は、「まずは歳出改革などを徹底していく。企業の賃上げや投資拡大の妨げにならず、個人にとっても実質的な負担増にならない仕組みにしたい」と述べています。

コメント欄の意見:

門倉貴史さん: 新たな特別会計を設けることで、少子化対策の財源と支出を明確にすることができるが、少子化対策自体の効果が不明瞭な場合、特別会計の意義は薄れる可能性がある。

hitさん: 自民党は無駄な経費を使い、中抜きで自身が得をするための金の流れを作るだけであり、異次元の少子化対策に言葉が出ない。

shiさん: 子供に無関心な人々や自分の子だけに注目する態度ではなく、社会全体が子供と子育てに関心を持つべきだと考える。

qhさん: 管理の透明性が不透明である可能性があり、教育費や保育士への特別ボーナスなどに投資するほうが企業と経済に恩恵をもたらし、子供の増加につながると思う。

kimさん: 人口減少やデジタル化に合わせて議員数を削減し、無駄な箱ものを撤廃すべきであり、行政改革は体制見直しから始まるべきだと考える。

AAAAAさん: 具体的な中身がわからないため評価が難しいが、統一教会の影響を考えると、特定の支援に偏りや制限が生じる可能性がある。

crsさん: 寄付には節税や売名が絡んでおり、寄付金の使途が重要であると指摘する。

shibaさん: 所得制限なく児童手当を拡充しても教育費を考えると子供を産むことは難しい。学校教育の充実に投資すべきだと主張する。

adgjmptwさん: 場当たり的な支援では役に立たず、社会の変化や何を復活させるかを考えるべきだとし、自発的な行動や国民の納得できる支援が必要だと考える。

marさん: 特別会計が少子化対策に本当に使われるのか疑問視し、政府の公言の信頼性に疑念を抱く。

感想
  • ふざけるな (0)
  • やめろ (0)
  • おかしい (0)
  • 許せない (0)
  • 素晴らしい (0)
  • 驚いた (0)

News U.S. note 更新情報 News U.S. note 更新情報

News U.S. Patriot 更新情報 News U.S. Patriot 更新情報

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

Popular posts:
社会・経済ランキング政治ランキング

More
articles

last week
topics