【韓国】「韓国は米中二者択一の選択を避けるべき。韓国に火の粉が飛んでいる」

・米中の半導体戦争が進行中であり、韓国は二者択一の選択を避けるべき。
・米政界から韓国企業がマイクロンの中国販売減少による空白を埋めないよう要求が出ており、韓国に火の粉が飛んでいる。
・韓国政府は米国との協力を重視しつつ、韓国の産業未来と中国との関係を総合的に考慮した経済安保戦略を策定し実行する必要がある。

ChatGPT

この社説は、米中の半導体戦争が進行する中で、韓国が二者択一の選択を避ける戦略をとるべきだと主張しています。

記事によれば、中国が米国の半導体企業マイクロンを制裁すると、米国は同盟国と協力して対抗する姿勢を明らかにしたとされています。しかし、米政界からは、韓国企業がマイクロンの中国販売減少による空白を埋めてはならないとの要求が出ており、米中の半導体戦争が韓国にも波及する可能性があると指摘されています。

このような状況の中で、米国の要求に従って中国への販売を増やすことを拒否すれば、中国が韓国の半導体企業に報復する可能性も高まるとされています。また、韓国政府が中国内工場の規制を緩和するよう米政府に要請したと報じられていますが、この方法では韓国の半導体企業の中国内での競争力が弱まる可能性があるとの懸念も示されています。

社説は、米国と中国の間で二者択一の圧力を避けながら、韓国政府と企業が協力し、時間を稼いで被害を最小限に抑える必要性を強調しています。また、韓国政府は米国との協力を重視する一方で、韓国の産業の未来と中国との関係を総合的に考慮した経済安保戦略を策定し、実行する必要があると指摘しています。

コメント欄の意見:

sonさん:
韓国が米中二者択一の選択を避けるべきだが、韓国には自立できる実力がない限り意味がない。

hctさん:
韓国の半導体産業は日米の協力なしでは成り立たず、保証された特権ではない。韓国は現実を理解すべき。

私達が見放せば彭 帥さんは……さん:
韓国は中国に報復される可能性があり、サムスン電子は既にインドやアメリカに工場を建設している。中国は自力生産を迫られるだろう。

sieさん:
韓国は米国が国益を気にかけてくれるという幻想から脱するべきで、米中の二股外交の幻想に酔っている。現実を理解すべきだ。

agaさん:
韓国のどっちつかずの政策は成功したことがない。早期の決断が必要である。

Gkoさん:
韓国は日本やオランダのように中国に素材や装置を納入しないと決めれば、中国から撤収して米国につくしかない。

talさん:
米中半導体戦争は中共の人権侵害や力による現状変更を止めるためのものであり、韓国は民主主義を捨てるべきではない。

vstさん:
韓国は実質的な二者択一を迫られており、具体策を示して差し上げるべきで時間が経つほど不利益が増す。

メガネをかけたおじさん:
韓国は中国での商売や取引を好きなだけ行い、日米側との歩調を合わせなくても問題ないと思う。

感想
  • ふざけるな (0)
  • やめろ (0)
  • おかしい (0)
  • 許せない (0)
  • 素晴らしい (0)
  • 驚いた (0)

News U.S. note 更新情報 News U.S. note 更新情報

News U.S. Patriot 更新情報 News U.S. Patriot 更新情報

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

社会・経済ランキング政治ランキング

More
articles

last week
topics