【韓国】経済と貿易の低迷が加速する恐れ

・金融危機以降、世界の交易率が低下し、韓国の輸出増加率は経済成長率を下回った。
・グローバル化の拡大が終わり、第2次グローバル化の時代も停滞しているとされる。
・韓国は米中の貿易比重が高く、デカップリングの可能性により経済と貿易の低迷が加速する恐れがある。

ChatGPT

この記事は、産業研究院が発表した報告書を引用しており、その報告書によれば、金融危機以降、世界の交易率が低下し、韓国の輸出主導型成長も終わったとしています。

報告書によると、金融危機以前の10年間に比べて、世界の総生産に対する交易の比率の上昇率が下落しており、対外直接投資に対する総生産の比率も下落しています。これにより、産業研究院はグローバル化の拡大が終わり、第2次グローバル化の時代も停滞していると指摘しています。

韓国の輸出増加率も大幅に低下しており、ここ10年間の輸出増加率は経済成長率を下回っています。報告書は、特に製造業にとって輸出の不振が大きな影響を与えており、製造業の成長率と経済成長率の関係も逆転していると指摘しています。

報告書の著者は、米中の対立が世界経済の脱同調化(デカップリング)を引き起こす可能性があり、その場合、経済と貿易の低迷が加速すると予想しています。特に韓国は米国と中国との貿易比重が高く、中間財の輸出割合も大きいため、影響は大きいと述べています。

報告書の著者は、韓国が先端産業で競争力を持っていることから、利害関係を共有する国々との協力を強化し、交易環境の悪化を防ぐべきだと提言しています。また、輸出の成長への貢献度の低下が続く可能性があるため、内需の動力を強化する必要があるとも指摘しています。

コメント欄の意見:

vstさん: 経済構造の転換期を迎えており、内需の比率を高める必要がある。輸入に頼る部分でも国内で賄えた方が好ましい。

nantiyatuteさん: 外需頼みのリスクが浮き彫りになった例。内需拡大ではなく、個人消費の拡大に焦点を当てるべき。

orbさん: 輸出減少だけでなく、不動産業の沈滞も深刻な問題であり、韓国経済は厳しい状況に直面している。

kdpさん: 韓国の経済は外的要因に左右されやすい。また、安全保障は米国、経済は中国という外交戦略も難しい状況にある。

kpnさん: 韓国の輸出依存度が非常に高く、内需の拡大が必要。しかし、格差社会により消費担い手の収入は期待できず、経済の厳しい状況が続く。

sin_o8さん: グローバリズムでは企業と国民の利益が乖離し、格差が拡大する。韓国はこのメカニズムに気づかず、グローバリズムを礼賛し続けている。

ef6さん: 少子高齢化による人口減少社会において内需主導も困難であり、韓国経済の将来は不透明。

uozさん: 中国市場での競争力を失った韓国の製品は厳しい状況に直面し、輸出主導型成長は困難になった。

Yahさん: グローバル化にしがみつけない先進国として、韓国の輸出主導型成長は終わりを迎えたのか。

zhiさん: 韓国企業が日本国内で事業展開し、日本内需に頼る動きが見られる。韓国人起業家も日本市場での商売に力を入れている。

感想
  • ふざけるな (0)
  • やめろ (0)
  • おかしい (0)
  • 許せない (0)
  • 素晴らしい (0)
  • 驚いた (0)

News U.S. note 更新情報 News U.S. note 更新情報

News U.S. Patriot 更新情報 News U.S. Patriot 更新情報

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

社会・経済ランキング政治ランキング

More
articles

last week
topics