韓国「米中半導体戦争で韓国は被害者。日本が漁夫の利」

  • 1980年代には日本の半導体産業が世界2位の経済大国であり、米国を圧倒していた。
  • 現在の米中半導体戦争において、日本は「漁夫の利」戦略を展開し、半導体産業の復活を図っている。
  • 日本政府は大規模な補助金を提供し、世界の主要半導体企業を誘致するとともに、自国の半導体素材・部品・装備産業の優位性を活かしている。

コメント欄の意見:

yosさん: サプライチェーンを維持するためには信頼できる国に半導体製造工場を設置するべき。日本、米国、オランダが適切な選択肢だと考える。

aynさん: 米国と日本は半導体分野で真の信頼関係を築いており、相互に教訓を生かし合い世界をリードする存在となるでしょう。

vさん: 日本は半導体素材・部品・装備の製造で強みを持ち続けており、韓国もその事実を認識すべきです。

kpnさん: 日本の半導体復活には価格競争力が課題ですが、米国と台湾との協力で素材や装置の発展を期待したい。

枯れ葉マークさん: 漁夫の利ではなく、日本は素材や機材で圧倒的な優位性を持っており、信頼できる国と提携した結果です。

よかさん: 韓国は日本から技術を学び、大型投資で競争してきただけで、半導体製造の核心技術は日本が保持しています。

inoさん: 韓国の半導体産業は元々日米協定から発展し、日本の素材・部品・装備に依存しています。

to3さん: 日本は基礎技術に取り組んでおり、素材や製造装置で優位に立っているだけです。物言いがひがみっぽいと感じる。

Oldさん: 日本の「経済報復」は輸出管理強化の一環であり、半導体製造には十分な輸出が行われました。

tshさん: 某国は日米半導体戦争で「漁夫の利」を得ましたが、基礎技術の欠如は取り返しのつかない結果になりました。

感想
  • ふざけるな (0)
  • やめろ (0)
  • おかしい (0)
  • 許せない (0)
  • 素晴らしい (0)
  • 驚いた (0)

News U.S. note 更新情報 News U.S. note 更新情報

News U.S. Patriot 更新情報 News U.S. Patriot 更新情報

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

社会・経済ランキング政治ランキング

More
articles

last week
topics