韓国教授「福島汚染水がたった5カ月で韓国に」

  • 韓国海洋水産部は、日本の福島処理水放流に関連した疑惑に対して積極的な釈明を行った。
  • 海洋水産部は、シミュレーション結果を引用し、処理水が韓国周辺海域に流入するまでには時間がかかり、影響もわずかだと反論した。
  • バラスト水交換や水産物の行き来についても海洋水産部は反論し、安全性を主張している。

ChatGPT

この記事は、韓国海洋水産部が日本の福島処理水放流に関連して提起された疑惑に対して反論している内容です。韓国海洋水産部は、ソウル大学原子力核工学科のソ・ギュンリョル名誉教授が放送に出演し、処理水が韓国周辺海域に到達するまでに5〜7カ月かかると主張したことに対して、最近発表されたシミュレーション結果を引用し、その主張に反論しました。

海洋水産部によれば、放出された処理水のうち三重水素は4〜5年後から韓国周辺海域に流入し、10年後に1立方メートル当たり0.001ベクレル前後に到達するという結果が明らかになったとのことです。また、この濃度は韓国海域の三重水素平均濃度(1立方メートル当たり172ベクレル)の10万分の1の水準であり、海水が流入する時期も遅く、影響もわずかであると述べています。

この記事ではまた、バラスト水交換に関する議論についても触れられています。バラスト水は船舶のバランスを取るために使用される海水であり、これまで原発処理水がバラスト水を通じて韓国の海域に流入する懸念があったとされています。しかし、海洋水産部はバラスト水交換は船舶の安定性に影響を与えず、船舶が注入口と排出口の位置が異なるため、排出したバラスト水が再び船舶内に注入されることはないと反論しています。

さらに、水産物に関しても触れられており、ソ名誉教授が海流と関係なく日本と韓国を行き来するため、水産物の検査が難しいと指摘したのに対し、海洋水産部は魚類の分布や海流の移動を考慮した上で、福島周辺海域の魚類が韓国沿岸まで移動する可能性は極めて低いと明らかにしています。また、放射能の検査においても基準値を超えた事例はなかったと述べています。

海洋水産部関係者は、「確認されていない事実に基づいた主張は水産業界への被害が懸念されるため、一方的な主張を流布しないよう求めたい」と述べています。

コメント欄の意見:

whpさん:韓国海洋水産部は、水産専門家の意見に基づき、福島周辺海域の魚類が韓国沿岸まで移動する可能性は極めて低いと明らかにした。水産物の検査は困難だが、放射性物質の影響が日本海産の魚にあると考えられる。

rbqさん:日本のマスコミは、韓国の月城原発の排水との放射性物資の比較を報道しないことに疑問を呈し、事実を正確に報道するべきだと指摘している。韓国の反日の動きは月城原発の問題を背けたい意思の表れであり、マスコミの信頼性に問題がある。

鄭レノンさん:福島沖で海洋放出予定のALPS処理水のトリチウム含有量はWHOの基準の7分の1であり、韓国周辺海域に流入して健康被害をもたらす可能性は考えられない。科学リテラシーのない人々には説得が難しいが、このような根拠のない懸念は理解できない。

nisさん:日本の気象庁の情報によれば、福島沖の海水は時計回りに太平洋を循環しており、韓国沿岸に到達する可能性は低いと指摘している。また、トリチウムが海流と逆の方向に流れるという主張は科学的に信じがたく、その放射線量が健康にどのような影響を及ぼすのか論理的に説明されるべきだと述べている。

Gawさん:日本は視察団に対して科学的な説明を行い、反論の余地がない結果を示したと述べている。今後、韓国政府はどのように反応するかは不明だが、無益な行為を避けるべきであり、反対勢力を宥める努力をするべきだと提案している。

感想
  • ふざけるな (0)
  • やめろ (0)
  • おかしい (0)
  • 許せない (0)
  • 素晴らしい (0)
  • 驚いた (0)

News U.S. note 更新情報 News U.S. note 更新情報

News U.S. Patriot 更新情報 News U.S. Patriot 更新情報

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

Popular posts:
社会・経済ランキング政治ランキング

More
articles

last week
topics