【徹底調査】静岡県知事の川勝平太氏がリニア中央新幹線の建設を妨害する理由

ChatGPT

静岡県知事の川勝平太氏は、静岡県の水問題を中心にJR東海のリニア中央新幹線の建設を妨害しているとされています。現在は、JR東海が提案した「田代ダム案」を川勝知事が拒否しています。この案は、東京電力リニューアブルパワー(東電RP)が毎秒約0.2トンの田代ダムの取水抑制を行い、その分の水量を大井川へ回復させようとするものです。この提案は、リニア工事期間中に流出が予想される約500万トンの地下水の全量戻しの解決策となり得るとされています​​。

しかし、川勝知事がこの田代ダム案を受け入れない理由は明確にはわかっていません。関連のニュース記事では、川勝知事が田代ダム案を潰そうとする根底にある真相を伝えるというテーマで議論されていましたが、具体的な理由については明らかにされていませんでした​​。

また、川勝知事の行動は県民から一部支持を受けているものの、不支持率は51%と過半数に達しています​​。

この問題についてはさらに詳しい情報を探す必要があります。特に、川勝知事が田代ダム案を受け入れない具体的な理由についての情報が必要です。

https://news.nifty.com/article/magazine/12179-2364795/
https://diamond.jp/articles/-/323733

ChatGPT

静岡県知事の川勝平太氏がリニア中央新幹線の建設を妨害している理由については、主に水利用に関する懸念が挙げられています。JR東海が提案した「田代ダム案」は、東京電力リニューアブルパワーが毎秒0.2トンの田代ダムの取水を抑制し、大井川へ流れる水量をその分だけ回復するものです。これはリニア工事期間中の約10カ月間に限る対応策であり、流出が予想される約500万トンの地下水の全量を戻す解決策として提案されました​​。

しかし、川勝知事はこの案に対して反対の立場をとっています。その理由の一つとして、「田代ダムの取水制限をした場合、その取水制限分がどこから補うか」という問題が挙げられています。田代ダムの取水制限による分を補給する水源が不足するという懸念があり、これが静岡県が「田代ダム案」を受け入れることができない理由とされています​​。

また、一部報道によれば、川勝知事の「全量戻せ」の主張が、リニア反対運動を強める役割を果たしているとの見解も存在します​。

https://news.nifty.com/article/magazine/12179-2364795/

感想
  • ふざけるな (0)
  • やめろ (0)
  • おかしい (0)
  • 許せない (0)
  • 素晴らしい (0)
  • 驚いた (0)

News U.S. note 更新情報 News U.S. note 更新情報

News U.S. Patriot 更新情報 News U.S. Patriot 更新情報

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

Popular posts:
社会・経済ランキング政治ランキング

More
articles

last week
topics