【徹底調査】なぜ三菱スペースジェットは失敗したのか?

ChatGPT

三菱スペースジェットが失敗した理由は複数あります:

  1. 認証プロセスの理解不足:商用航空機の型式認証プロセスは非常に複雑で、三菱はその理解が初めから不十分でした。
  2. 長期開発に必要な資源不足:プロジェクトの長期的な開発を続けるための資源が不足していました。
  3. 技術
    • 長期化した開発により部分的な修正が必要でした。
    • さらに、脱炭素化対策も求められました。
  4. 製品
    • グローバルパートナーからの理解と必要な協力を得ることが難しい状況でした。
  5. 顧客
    • 北米のRJ市場ニーズを満たさないM90の結果として、航空会社と労働組合間の合意に関連する条件(スコープ条項)の緩和に進展がなかった。
    • また、最近のパイロット不足もSJビジネスの成り立ちに不確実性をもたらしました。
  6. 資金
    • 型式認証取得プロセスを続けるためにはさらなる大幅な資金が必要でした。
    • 上記の市場環境ではビジネスは実現可能でなかった。

さらに、プログラムの遅延により大幅な無駄が生じ、最初のフライトが2013年に予定されていたものが実際には2015年になったことも大きな問題でした。三菱が2013年にスペースジェットプログラムを適切に開始していれば、エアバスのA220ファミリーやエンブラエルのE2ファミリーと競争する可能性があったとされています。

また、三菱は海外からの人材の採用に消極的であったため、プログラムの進行が妨げられました。他の製造業者(エアバスやボーイングなど)は海外から人材を採用し、成功につなげています。

これらの失敗を経て、三菱は将来の航空関連プログラムに向けて学びを活かすことができるという教訓を得たものの、プロジェクトの中止によって7.58億ドルの損失を生じることとなりました。三菱が商用航空機市場に再参入するかどうかは未定ですが、同じ失敗を繰り返さないことが確実です。

https://aviationsourcenews.com/analysis/bye-bye-mitsubishi-spacejet-why-did-it-fail/

感想
  • ふざけるな (0)
  • やめろ (0)
  • おかしい (0)
  • 許せない (0)
  • 素晴らしい (0)
  • 驚いた (0)

News U.S. note 更新情報 News U.S. note 更新情報

News U.S. Patriot 更新情報 News U.S. Patriot 更新情報

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

Popular posts:
社会・経済ランキング政治ランキング

More
articles

last week
topics