韓国が日本に敗れる 世界のAI競争力ランキングで

  • 韓国のAI企業、特にサムスンとネイバーのAI研究開発競争力が低下している。
  • 米国と中国の企業がAI関連の論文発表で圧倒的な存在感を示しており、韓国の企業は6位に位置している。
  • 韓国企業の採択論文数は全体の4.4%に過ぎず、米国のグーグルが圧倒的な1位となっている。

ChatGPT

韓国のAI企業、特にサムスンとネイバーは、グローバルなAI研究開発競争で大きく後れを取っていることが報じられています。調査によると、米国と中国の企業がAI関連の論文発表で圧倒的な存在感を示しており、韓国の企業は6位に位置しています。

グローバル3大AI学会である「ICLR」「NeurIPS」「ICML」に採用された論文の国籍調査結果によると、米国の企業が1位であり、中国が2位を占めています。韓国は15社が論文が採用されたものの、全体の4.4%にとどまっており、トップ5の国には及んでいません。

企業別のランキングでは、米国の企業が上位を独占しており、特に「グーグル」が圧倒的な1位となっています。韓国のサムスンとネイバーはそれぞれ17位と18位に位置しています。

この報道からは、韓国のAI企業が米国と中国の企業と比べて技術的な競争力で劣勢に立たされていることが伺えます。しかし、この報道は特定の時点でのデータをもとにしており、韓国のAI企業が将来的にどのように競争力を向上させるかはわかりません。AI技術の進歩は非常に迅速であり、韓国企業も今後の取り組みによって競争力を回復・向上させる可能性があります。

コメント欄の意見:

tpkさん: 日本の懐深い援助と庇護により韓国が発展してきたが、今後は基礎体力がなければ困難な状況になるかも。日本の温情も終焉し、韓国は自立して未来に進むべき。

jさん: 韓国企業は日欧米の技術を習得し成長してきたが、AI競争力はない。独自開発でノーベル賞を受賞していない限り、競争力はない。

uraさん: 韓国翻訳記事ではなく、マスコミの役割は意識的に啓蒙すること。日本も頑張るべき。

ナナフシ: 一位に押されると言えるのは二位から。表現文化の違いかもしれない。

ico•••••: あらゆる部門で衰退の一途。既定路線だと思うが、まだましな記事を書いて欲しい。

macさん: 米中と比べて開発技術の差がある。自己評価が過剰。

danさん: 韓国は量子コンピュータ時代にもスーパーコンピュータを作れない。基礎科学から始めるべき。

fugさん: 韓国が米国製スパコンに頼らざるを得ないのに、AI強国を名乗るのは間違い。

となりのレトロ: 韓国は日本の素材と製造装置を使って組み立てているだけで、何を言っているのか分からない。

sakさん: グラフがよく分からないし、何を言いたいのか分からない記事だ。

感想
  • ふざけるな (0)
  • やめろ (0)
  • おかしい (0)
  • 許せない (0)
  • 素晴らしい (0)
  • 驚いた (0)

News U.S. note 更新情報 News U.S. note 更新情報

News U.S. Patriot 更新情報 News U.S. Patriot 更新情報

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

Popular posts:
社会・経済ランキング政治ランキング

More
articles

last week
topics