ChatGPT

このビデオは、半導体産業とその経済安全保障についての議論を中心に展開されています。アメリカが主導し、日本も参加する経済圏構想、IPEF(アイペフ)は、半導体などの供給網を強化するための協定を結ぶことで合意しました。一方、中国はこれに反発しています。

半導体産業は、国家戦略に直結した巨大な産業となっており、その規模は1兆ドル(約140兆円)を超えています。これは、生成的AIのための半導体の開発に対する期待が高まる中で、半導体メーカーが1兆ドルを超える市場規模を持つ初めての事例です。

日本政府も製造業の強化に乗り出しています。先月18日のG7広島サミットに先立ち、世界の半導体企業7社のトップが首相官邸に集まりました。これには、台湾のTSMC、アメリカのインテル、韓国のサムスン電子などが含まれています。日本への直接投資をさらに拡大し、半導体産業を支援することを目指しています。

アメリカの半導体産業に参加予定のMicron Technologyは、日本で次世代メモリ半導体の生産に最大5000億円を投資すると発表しました。政府は、日本への投資を支援するために数百億円を検討しています。

G7広島サミットでは、中国との対峙方法に焦点が当てられました。リスク削減ではなく、リスクを減らすデニス・キングの経済レジリエンスに基づき、経済安全保障を強調する方針を打ち出しました。また、貿易などを通じてパートナー国に圧力をかける経済的な強制力に対抗するフレームワークの調整のための新たなプラットフォームを立ち上げると宣言しました。

これに対し、中国政府は、日本への投資を決定したMicron Technologyの製品の調達を禁止すると21日に発表しました。これは、重要な情報インフラストラクチャの使用目的でした。26日には、経済産業大臣の中西宏明氏が米国商務長官のジョン・レモン氏と会談し、次世代半導体の開発スケジュールを作成することで合意しました。技術開発などの分野で日米協力を大幅に加速させたいとの意向を示しました。また、鉱物などの供給チェーンを強化することで合意しました。

このいわゆる供給チェーンに関する多国間協定は、世界初のものです。G7では、インドやインドネシアといった「グローバルサウス」と呼ばれる国々を含む、強固な供給チェーンの構築についても議論されました。これに対し、中国政府は29日にIPEFに対して、排他的な保護主義を採用すべきではないと警告しました。

さらに、さまざまなフレームワークが同時に進行していることが少々理解しにくいため、それらをまとめてみました。7つの主要企業のトップが全員日本に来て、菅義偉首相と首相官邸で会うというイベントがありました。もちろん、日本からの補助金も受けたいと思っているので、合意していますが、日本政府の半導体への支援はすでに始まっています。

政府は熊本県で工場を建設しています。台湾のTSMCには4760億円、北海道で工場を建設する予定のラピスには3300億円を提供しています。もちろん、このような実技があるのですが、何と言っても、日本は世界の主要な半導体企業にとって魅力的な場所であり、それらを日本に取り込む必要があります。

日本の強みを意識することが重要であり、その状況が自然に浮かび上がっていると思います。しかし、それは常にこのような状態であり、その理由を問われれば、この技術の観点から見て、日本自体が素晴らしいからです。最先端の半導体の工場が台湾だけにあると、緊急事態が発生した場合、リスクは大きいです。

この中で、日本が一人で何も完成させることはできないので、台湾、韓国、アメリカとどのように協力するかという国際協力の戦略が非常に重要になると思います。したがって、多くのプロセスの中に一つや二つがあるかもしれませんが、そのようなキーとなる場所には技術があり、例えば、オランダは露光装置に独占的な地位を持っており、日本にはこれがありません。

私は、パッケージング技術はプロセスであり、一緒に働きたい人がそれを行うことができると思います。日本には半導体製造装置と材料があり、日本に強みがあるので、今日の時代に日本で全てを行うことは可能ではありません。また、最良の場所にいるという事実もあります。

このような供給チェーンで作られないものを抑制するために、技術が将来の鍵となると思います。G7サミットが開催されたと言いました。サミット自体はウクライナ問題とゼレンスキー大統領の日本訪問に焦点を当てていましたが、ここでは中国を見つめ、経済安全保障と供給チェーンを強化するというテーマがありました。

彼らはこれを言い、リーダーコミュニティとは別に、経済安全保障に関する特別なリーダーズステートメントを発表しました。つまり、G7をパートナーとして強固な供給チェーンを一緒に作ろうということです。これまでの経済ブームに対する懸念を表明することから一緒に行動を起こすことへと一歩を踏み出したと思います。

供給チェーンの構築については、今回重要なのは供給チェーンの原則です。信頼できる、信頼性のあるパートナーです。これら全ての国々とグローバルサウスで供給チェーンを作りたいと書いています。これに関連して、まず、信頼できるパートナーと一緒に構築する対象として重要な材料を定義しました。

半導体には重要な鉱物や蓄電池がありますが、実際にはこれらがつながっていますか?考えてみれば、リチウム、コバルト、ニッケルなどのようなものを持っている資源国は、グローバルサウスの開発途上国、中南米、アフリカのコンゴなどです。鉱物の採掘、精錬、加工は実際には中国に抑制されており、グローバルサウスの資源豊富な国々も環境規制が緩いです。

70%、80%、あるいはそれ以上が抑制されているので、今では蓄電池を作るためのリチウム石を持っていても無駄で、最終的には中国の企業を通じてこれらの鉱物を購入しなければならない状況です。これが我々を非常に脆弱にしているので、レジリエンスを持たせるためには、資源豊富な国々に戻る必要があります。

これが大きなテーマであるため、我々はこの原則を信頼できる供給チェーンの原則として確立しました。我々が資源生産国にそれをやらせるのか、それともG7とそのパートナー国がそれをやるのかを変える必要があります。それに対抗するために何かをする必要がありますが、それを始めると、中国はさまざまな対策と強制力を打ち出すでしょう。

例えば、オーストラリアからワインを買わないと言ったら、実際にはフランスがますますフランスワインを売っています。日本は議長国ですが、実際には、一緒に対策を取るように呼びかける力を持っていても、最終的には日本には対策がありません。アメリカにはそのような手段があり、ヨーロッパもそれを持っています。

そのような状況で、議長国である日本だけが、そのような状況で調整を行うことができます。つまり、プラットフォームの構築が結局は容器に終わる可能性があるということです。つまり、経済安全保障の分野でも、いわゆる軍事的な安全保障の分野でも、敵地への攻撃能力や反撃能力を持つ必要があります。

コメント欄の意見:

kely& kazuyukiさん: EVにはモーターとバッテリーには高性能インバーターは必要不可欠なのと同じで、高性能半導体にも単結晶のシリコンインゴットから作る超高純度シリコンウエハーが必要。

上さん: 同盟国に技術漏洩などの損害を与えない為にもスパイ防止法も必要になってくる。

克彦 村田さん: 半導体産業に国が本腰を入れるのは良いことだ。過去の栄光を忘れ一から出直しだな。戦後復興のように。

カンチさん: 外国の企業には気前よく補助金を出してるが、日本の企業にはどうなんだ?中国から撤退する企業への補助が少なすぎだと思うが。中国で稼いでも中国で、再投資してるから、中国の発展を助けてるだけ。

OYSさん: まぁ”中国=リスク”だからリスク回避は中国のデカップリングに変わりない。

江倉さん: 半導体全ての工程を一国だけで賄うには産業が莫大になりすぎて無理。技術力は勿論、中国一国だけの経済力程度ですべてをまかなうのは無理。

YKさん: 中国が対抗しうる戦略物資はレアアースかなー レアアース輸出しないぜってなった時にどうするかやね。

1oku3zenさん: どうして日本企業に支援しないのだろう❓️

ねぎみそ猫さん: サムスンに技術を盗まれるのに100ウォン

piyo piyoさん: 日本の会社が無いのが嘆かわしい。

やまだあきらさん: チャイナは信頼できないってことかな

木崎まやさん: サムスンの半導体工場って中国にあると聞いたけど、韓国入ってたら意味なくない??

cjrnrbcukrさん: そう、ここでアメリカの焦りが見える。日本は昔半導体においてアメリカにやられたけど、中国にはアメリカ兵いないから、アメリカの言いなりになるわけがないな

神々の国々さん: 日本はなぜか外国の半導体産業を支援。日本企業を支援しろよ。

感想
  • ふざけるな (0)
  • やめろ (0)
  • おかしい (0)
  • 許せない (0)
  • 素晴らしい (0)
  • 驚いた (0)