ChatGPT

このビデオは、アメリカと中国の東アジアにおける戦略的なバランスについて語っています。様々な観点から見ると、戦闘機や爆撃機の数など、中国は数的にかなりの優位性を持っていることがわかります。中国軍の無謀な動きは、このような自信の表れであるかもしれません。しかし、中国は地震に耐えられない国であるため、これらの見かけ上の数値に過剰反応して怯えるべきではないと述べています。

また、ビデオでは中国の兵士の大半が一人っ子であり、戦争で死んだ場合、その家族全体が困難に直面すると指摘しています。これは祖先を尊重する社会であり、一人っ子が死ぬと多くの人々が困難に直面します。そのため、中国は兵士の命を危険にさらすよりも、艦船の数を増やしています。もし犠牲者が出ても、国全体が揺れ動くことはないでしょう。これは彼らの恐怖の一種の表現であると述べています。

さらに、ビデオでは最近、海外で中国人を監視するための警察が作られているというニュースがあったことを指摘しています。彼らはその国の歴史が繰り返されていることを恐れていると述べています。彼らは漢民族主導の民主国家を創るという理想で革命を始めた人々であり、彼らが活動を始める前の拠点はアメリカと日本でした。天安門事件から30年後の6月4日、当時の学生運動のリーダーの一部はアメリカなどの国に逃れて中国共産党に対抗するための政治活動を続けています。彼らを中心に共産党政治運動が高まることを恐れていると述べています。

また、ビデオではアメリカが広大な太平洋を海を通じて越えて軍事力を持ち込む必要がある一方で、中国は大陸国家であり、陸地から様々な方法で戦略的に運用できると分析しています。中国は様々な感覚的なミサイルやその空軍基地、日本にある米軍基地をピンポイントで攻撃する能力を構築していると述べています。アメリカは中国が南部に軍事力を展開したいときに効果的に阻止する能力を開発していることを認識しており、これを克服する方法を見つける必要があると述べています。

さらに、ビデオではアメリカが中距離と半中距離ミサイルを278個所有している一方で、アメリカはそれらを所有していないため、緊急時に台湾がリスク要因とされていることを指摘しています。278シリーズは前任者よりもミサイル弾頭が多いため、圧倒的に不均衡です。もちろん、それが重要なポイントである一方で、その原因はアメリカが冷戦時に中距離ミサイル撤廃条約の一員だったため、この地上発射型の中距離ミサイルをもはや所有していないからです。アメリカはこれらの中距離ミサイルをその同盟国に配備することができないため、ミサイルが米軍に対して打ち込まれたときに反撃する能力が欠けているミサイルギャップの論争を中和する方法を見つけることが非常に重要です。

また、ビデオではアメリカが中距離ミサイルから撤退したばかりであるため、それらを作ることは可能ですが、配備するには時間がかかると述べています。風による推測ですが、2030年代にはこれが1,500に増えると言われています。現在、アメリカの核兵器は3,800個ありますが、実際にはこれはすでに配備されているいわゆる新スタート条約の核ミサイルの数です。実際には、アメリカがすぐに使用できる1,500と中国が持つ1,500が約10年後にパリティになると思われます。これは時間に関して非常に重要なポイントであると述べています。

コメント欄の意見:

山坊さん「日本は日本で経済的にも軍事的にも強くならなければならない。まさに富国強兵。財務省、自民党は緊縮政策なんて馬鹿げたことはやめろ。」

John 1990さん「有事にならないように政治家の方々お願いします。」

さぁどんどんゲームになるのだ! ゲーム制作音声ラジオさん「ぐぐるとアメリカの空母保有数は10隻と出て来るが、どういう文脈? 東アジア地域だけってことかね」

Jump Nekoさん「万里の長城は作り過ぎて管理運用できてなかった。恐怖の表れで、とにかく大きいものを作って敵の目を圧倒することで、戦わずして勝ちたい、でも中身は追いついてない。昔から変わってないのでは」

Mr LOTO7さん「台湾周辺なら米軍が近寄れませんね。」

01 Seiyerさん「中国はアメリカだけでなくAUCASや日本の戦力も加味して考えるのはないでしょうか?」

ネコカブリエルさん「平和の為に日本は他人事のようにアメリカは?中国は?の話しかできず、日本が何をすべきかは話せないのだものな。考えて見ると情けない事ですね。「じゃ、アメリカはどうしたら良いか?」普通なら、そこで「日本」の話が出てくるところでしょう。」

感想
  • ふざけるな (0)
  • やめろ (0)
  • おかしい (0)
  • 許せない (0)
  • 素晴らしい (0)
  • 驚いた (0)