【動画】世界の空母ランキングトップ10 1~3位すべて某国

ChatGPT

この動画は、世界最大の戦艦である航空母艦について説明しています。航空母艦はその大きさと火力で驚かせます。なぜなら、そのような船の甲板には、攻撃機、戦闘機、対潜哨戒機、ヘリコプターなど、数十機の航空機を収容することができるからです。現在、航空機を搭載した海軍艦艇を保有しているのは世界で9カ国だけで、その大部分はアメリカ海軍が所有しています。この動画では、世界で最も大きな11の航空母艦について説明しています。なぜ11なのかというと、それぞれが注目に値するからです。

タイ軍の軽航空母艦は、世界で最も大きな戦艦のリストを開始します。これはまた、現代の航空母艦で最も小さいものです。タイの船の主な任務は、空中からの支援を伴う捜索と救助です。専門家によると、資金不足が原因で戦闘効果が低いとされています。そのため、資金不足のため、船はほとんど常に停泊しており、船上に上がることが許された好奇心旺盛な観光客を楽しませています。稀に海上に出ると、タイの王室の家族のメンバーがほとんど常に甲板にいるため、航空母艦は「家族の王室のヨット」というニックネームをつけられています。航空母艦は1996年に建造され、長さは183メートル、排水量は11,485トンで、最大14機の飛行機とヘリコプターを収容することができます。乗組員の数は455人です。

10位はイタリアの航空母艦カヴールで、イタリアの国家主義者カウント・カヴールを記念して名付けられました。2009年に艦隊に加わりました。船は244メートルの長さで、甲板には8機のAV-8B Harrier航空機と12機のヘリコプターを収容できます。航空機に加えて、500人以上の人々、24台のタンク、または50台の重戦闘車両を収容することができます。

9位はフランスの航空母艦シャルル・ド・ゴールで、時代遅れのクレマンソー型航空母艦を置き換えました。船は長さ261.5メートル、排水量42,000トンで、最大40機の航空機を基地にすることができます。そのエアグループの基盤はデソ・ラファール戦闘機です。この機体はヨーロッパ全体で注目を集め、現在のところ最高のヨーロッパの第4世代戦闘機を代表しています。シャルル・ド・ゴールは、アメリカ以外で唯一の原子力航空母艦です。乗組員とエアグループを合わせると、人数は1500人です。この船は、世界中での戦闘作戦に積極的に参加しており、1990年代のタリバンに対するアフガニスタン戦争を含みます。2030年代には、シャルル・ド・ゴールのほぼ2倍の排水量である75,000トンの新しい航空母艦を手に入れる予定です。船の長さは300メートル、幅は30メートルになると予想されています。

8位は、サンスクリット語で「全能」を意味するインドの航空母艦ヴィクラマディティヤです。長さ274メートル、排水量45,000トンで、1987年に進水したロシアの航空母艦アドミラル・ゴーシュコフを大幅に改装したものです。ロシアの造船所セヴマッシュでの近代化後、2013年にインド側に引き渡されました。航空母艦は、14機のMiG-29K戦闘機を含む30機の航空機、およびロシア製のKa-27およびKa-31ヘリコプターを搭載することができます。

7位は中国の航空母艦レオニングで、中国北東部の省にちなんで名付けられました。その長さは304.5メートル、排水量は59,500トンで、元々は未完成だったソビエトのクルーザー「ヴァリャーギ」です。中国はウクライナから2500万ドルで購入し、当初は浮遊するエンターテイメントコンプレックスにする計画でしたが、その後、全く異なる決定が下され、2005年から船は中国海軍の基地で積極的にアップグレードされてきました。2011年8月に初の海上試験が行われ、2012年9月25日に新しいレオニング航空母艦が中国海軍に加わりました。中国についてはすべてが厳密に分類されているため、その航空グループのデータは近似的です。専門家たちは、航空母艦はウクライナから購入したソビエトの艦上戦闘機Su-33を基にした24機の艦上戦闘機J-15を装備していると考えています。船には、長距離レーダー探知と対潜防衛ヘリコプターもいくつかあり、乗組員の人数は1980人です。

6位はロシアの航空母艦「ソ連海軍提督クズネツォフ」で、世界で最も悪い航空母艦のトップ11にランクされています。1985年に進水し、1991年に運用を開始しました。その長さは306.45メートル、排水量は61,390トンで、28機の航空機と24機のヘリコプターを基地にし、サービスを提供することができます。クズネツォフ提督は、正式には航空母艦ではなく、スーパーソニック対艦巡航ミサイル「グラニット」の12基の発射装置も持っているため、正式には「重航空母艦」と呼ばれています。このため、クズネツォフ提督は、モントルー条約がボスポラスとダーダネルス海峡を通る純粋な航空母艦の通過を禁止しているため、黒海に存在できる唯一の航空母艦です。

5位は英国の航空母艦「クイーン・エリザベス」で、2007年に進水し、2017年に運用を開始しました。その長さは284メートル、排水量は70,600トンで、航空グループは40機の車両を含み、F-35C航空機、EH 101 Merlinヘリコプター、長距離レーダーヘリコプターを含みます。乗組員の数はエアウィングと合わせて1500人です。クイーン・エリザベスは、同じ型の航空母艦の最初の船で、イギリスはすでにこの型の2番目の航空母艦、プリンス・オブ・ウェールズを建造し、就役させています。しかし、これら2つの航空母艦は、造船所で遅れた日から故障に悩まされてきました。クイーン・エリザベスが進水してから就役するまでに長い10年がかかったことに気付いたかもしれません。そして、プリンス・オブ・ウェールズは初めての航海で故障し、部品を取り外す決定が下されました。

4位は再び中国の航空母艦、山東で、中国東部の省にちなんで名付けられました。2017年に進水し、2019年に就役しました。その長さは315メートル、排水量は70,000トンで、設計はロシアの航空母艦アドミラル・クズネツォフに大いに似ています。しかし、今回の中国の航空母艦は完全に中国で建造されました。標準的な航空グループはレオニングと同じで、約40機の飛行機とヘリコプターです。

そして、トップ3はすべてアメリカの航空母艦が占めています。3位はジョージ・ブッシュで、これはNimitz級の最後で最も先進的な航空母艦です。2006年に進水し、2009年に就役しました。その長さは332.8メートル、排水量は97,000トンで、この船には他のニミッツと比較していくつかの革新があります。その中には、水上での高い安定性を提供するための人間工学に基づいた設計、67ミリメートルのケブラー装甲による船体保護、特殊な防レーダー塗装、特別に形状付けられたプロペラ、大規模な電子装備が含まれます。

2位は古いニミッツで、この有名なシリーズの最古の航空母艦で、長年にわたりアメリカの力の象徴でした。ニミッツは1972年に進水し、1975年に就役しました。その長さはジョージ・W・ブッシュと同じ332.8メートルで、排水量は少し大きく98,425トンです。乗組員の数は同じで、5,680人です。

そして、最後に1位は、その巨大な軍事力と技術特性のために、航空母艦ではなく超航空母艦と呼ばれる船に与えられます。それはジェラルド・R・フォードです。その長さは337メートル、排水量は98,425トンで、これまでのところ、世界の軍事造船の頂点です。新型の2つの原子炉を備えており、前世代の航空母艦の発電所よりも25%多くの電力を提供し、燃料補給なしで50年間運用することができます。また、線形電動モーターに基づく電磁カタパルト(E-MOS)を備えており、これにより戦闘機の加速がよりスムーズになり、飛行機の構造に対する負荷がより優しくなります。同時に、1日に160回の出撃を提供し、必要な場合は220回の出撃を行うことができます。一方、ニミッツは120回の出撃しか提供できません。つまり、同じ数の飛行機(90機)を搭載していても、ジェラルド・R・フォードはニミッツのほぼ2倍の打撃力を持っています。また、全システムの広範な自動化とコンピュータ化により、乗組員の数をニミッツと比較して20%減らすことができ、これにより航空母艦の寿命(50年)にわたって40億ドルの賃金を節約することができます。アメリカはこの名誉ある武器のクラスでリードを続けるでしょう。

コメント欄の意見:

Your momlolさん:
「ちょっと修正しますが、英国はF-35cではなくF-35bを使用しています。また、推進用にクズネツォフの専用の牽引船が使用されていることも表示されていませんでした。」

stephen whiteleyさん:
「素晴らしいビデオ、驚くべき機械ですね。共有してくれてありがとう。」

stischer47さん:
「そうですね、米海軍は世界第2位の空軍です(米空軍の後に続く)。」

ratha hangさん:
「うわー、それは素晴らしい空母ですね。アメリカに神の祝福を」

Silver Foxさん:
「 素晴らしい情報、ありがとう。」

TheFlyWahineさん:
「まあ、公平を期すために、現代の空母は帆船とはまったく異なるタイプの船です。」

Mike Littleさん:
「中国の能力についてはちょっと疑問です…彼らはまだ夢のような試作段階にあり、将来の経済学者の判断によれば、それほど自慢することはありません。」

Treさん:
「待って!中国の3番目の空母はどうなった?」

rvsrudyさん:
「1000億ドルの空母はどこにあるの?」

Ericさん:
「1000億ドル?何を書いているか分かっているのか?」

360 NOSCOPEさん:
「中国、気をつけて…」

Mbongwa Masukuさん:
「まったく無駄なお金…それらの軍事サービスをどこで使用するつもりなのでしょうか?」

george coonsさん:
「そう、そのスタイル。トランプ時代でも。」

IraQNidさん:
「メートルは私にとって何も意味しません。」

Op8 H8rさん:
「アメリカ!」

感想
  • ふざけるな (0)
  • やめろ (0)
  • おかしい (0)
  • 許せない (0)
  • 素晴らしい (0)
  • 驚いた (0)

News U.S. note 更新情報 News U.S. note 更新情報

News U.S. Patriot 更新情報 News U.S. Patriot 更新情報

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

社会・経済ランキング政治ランキング

More
articles

last week
topics