【動画】インドで建設中の吊り橋が崩落

ChatGPT

この動画は、インドの吊り橋が1年間で2回目に崩壊するという出来事を報告しています。この橋はまだ建設中で、ガンジス川に落ちました。

最初の崩壊は、激しい雨と嵐によって引き起こされましたが、2回目になぜ崩壊したのかは明らかではありません。当局は事故について完全な調査を約束しています。

動画の中で、”…identify the Sirens and wait until the vehicle goes into active service.”という一節がありますが、具体的な文脈や関連性は不明です。

この動画は、The Telegraphというメディアが公開したもので、インドのニュースや自然災害、吊り橋の崩壊などについて報告しています。

コメント欄の意見:

Stephen Wrightさん「インドは近い将来、国際契約で橋を建設することはないだろうと思う。」

Jacuzziさん「屈辱のない日は無駄な一日だ。」

Glenn Humphriesさん「1932年にイギリスのエンジニアによって建設されたシドニーハーバーブリッジ。まだ新品同様に立ち続けている。当時は数百の蒸気機関車で強度をテストしました。」

Laser Hobbyistさん「インド製です。」

snugglesjugglerさん「インドのエンジニアの創意工夫。私はソフトウェア開発者としてそれに頻繁に出くわします。」

Ian Closeさん「最初の崩壊は強風と雨のせいではない…。日常的な風や雨のような単純な要因に耐えられないほど過少設計された人々のせいです。」

cyclist68さん「もっと悪いこともあったかもしれない。完成していれば 」

DemocracyOverDictatorshipさん「人生で失敗しまくったと感じたことのある人へ。ついに新しいチャンピオンが登場しました! 」

Li Fさん「クレジットは当然与えましょう、インドのエンジニアは爆破解体にはすごいですね。」

Abduallah Al Masumさん「インド製。一文もかけずに解体 」

dd aaさん「中国では、新しく建設された橋は戦車で覆われ、橋の耐荷能力をチェックします。インドでは想像できません。まだ建設中に2度も崩壊しました。」

Kuckooさん「インフラの強化はインドの強みではないようですね。」

Jason Muriithi Kiamaさん「この橋が完成する前に起こった最悪のこと…数日前に起きた大規模な列車事故です。」

Weiさん「まさに奇跡です!こんなに完全に崩壊したものを見るのは非常に困難です!」

Fei & Yangさん「この出来事が起こる前に起きたことに、みんなが祝福の気持ちを持てることを願っています!彼らの列車や船はこんなに幸運ではありませんでした。」

J360 outsidersさん「インド製のスーパーパワー」

Eloyさん「私はこのビデオの下で中国を批判するインド人を見て驚いていますが、実際には中国は世界最長の海底トンネルや最も高い吊り橋を建設しており、数多くの台風に耐えています。古い建物のひび割れや崩壊の事例はありましたが、マイアミやシドニーでも同様の事故が起きても注目されなかったこともあります。最近数十年間に建設された構造物の故障は非常にまれであり、ほとんどないです。インドには高度な技術を持つエンジニアがたくさんいますが、劣悪な産業能力や広範な汚職の制約に直面しています。中国のインフラ能力は日本などの一部の国としか比較できません。私はインド人が偏見を捨て、多くの他のアジア諸国と同様に国を改善するために取り組んでほしいと願っています。中国や日本、ドイツの列車技術を排除する保護主義的な慣行から脱却することで、改善に向けた協力を受け入れる良いスタートになるでしょう。」

B Hさん「これらの人々がエンジニアリング分野で支配しているのですか?私たちは困っていますね!」

越千愁さん「この橋は2度崩壊していますが、インドの建設能力を心配しています 」

Stephen Newellさん「一度なら不運と言えるでしょうが、2度目は無責任ですね!」

感想
  • ふざけるな (0)
  • やめろ (0)
  • おかしい (0)
  • 許せない (0)
  • 素晴らしい (0)
  • 驚いた (0)

News U.S. note 更新情報 News U.S. note 更新情報

News U.S. Patriot 更新情報 News U.S. Patriot 更新情報

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

社会・経済ランキング政治ランキング

More
articles

last week
topics