ChatGPT

この動画は、中国の経済回復が停滞している状況について議論しています。パンデミックによる減速後、世界第二位の経済大国である中国が再起動に苦しんでいることを示す最近のデータについて、オックスフォード大学の中国センターの研究員であるジョージ・マグナス氏が語っています。

マグナス氏によれば、中国経済は多くの人々が予想していた方向には進んでいないとのこと。確かに回復は進行中ですが、それは人々が思っていたほど強力ではありません。経済の投資面と輸出面がやや失望的で、回復は進行中ですが、それほど素晴らしいものではありません。

動画では、中国の経済が予想よりも速く進んでいないことを示す警告信号について議論しています。これには、輸出と輸入の減少、中国市民による支出の不足、急増する公共債務などが含まれます。また、中期的な視点で中国の成長能力を制約している主要な要因として、構造的および体系的な逆風を引用しています。5%の成長目標は、ますます達成が難しくなってきています。

中国経済の現状についても議論しており、一時的な減退後にソフトなリバウンドが見られました。住宅市場に対する失望により消費者の信頼が低下しており、中国経済における消費者の所得シェアも低いです。著者は、COVID-19パンデミックが発生していなければ状況が異なっていたかどうかを疑問視しています。

全体として、中国経済は消費者支出と経済成長に影響を与える可能性のある構造的な問題に直面しています。債務超過、人口問題、所得と消費者指標の弱さなど、中国経済が減速している明確な兆候があります。

コメント欄の意見:

Parrishさん: BRICS通貨が完全に受け入れられるには、まず一つの通貨を持つ必要があります。また、米国外のドル債務は巨大であり、$債務を返済する必要があります。これによってドルへの需要がさらに高まります。BRICS諸国のインフレ率や、BRICSに参加したいと発表した国々のインフレ率を確認してください。”やりたい”と”できる”は同じではありません。

David Vicariさん: 中国は貧しい国から豊かな国への完全な転換に失敗しました。現在の一人当たり名目GDPは約14,000ドルです。比較すると、アメリカは80,000ドルです。今では中所得国になり、世界に安い商品を生産するには費用がかかりすぎ、国内市場が十分な可処分所得を持っていないため、不況を回避するのはほぼ不可能な問題です。最悪なのは、人口減少が迫っていることです。習近平はこの課題に対処する能力を持っていないでしょう。

Chris Tさん: PLAの嫌がらせ行為により、中国製品を購入する一部の人々が減少し、それによる影響が広がっています。さらに、中国の制限的で透明性のない政策により、ますます多くの企業が中国から撤退しています。

infiniteloopcounterさん: インタビュアーの方がゲストよりも明るいです。DWは時折イライラすることがありますが、ニュースよりもアジェンダを押し出す傾向がありますが、優れた人物もいくつかいます。

Jr Krさん: インドの独立以来、メディアはインドの経済が急成長していると報道してきましたが、同時に中国の経済が停滞しているとも報道してきました。

2015年時点で、中国のGDPはインドの5倍でした。
そして今日の2023年には、中国のGDPはインドのほぼ6倍になっています。

Happy Melonさん: 中国の輸出減少は、EUの景気後退にも起因しています。ドイツとアイルランドも同期間の成長予測を後退させ、アイルランドはほぼ5%の収縮を経験しました。EUのGDPも2022年第4四半期に0.1%の収縮を記録しました。2四半期連続のマイナス成長は、広い地域を技術的な不況に引き摺り込むことになります。

Cratecruncherさん: ウクライナの戦争により、中国は西洋の民主主義国との貿易で不利な立場に立たされており、ロシアへの制裁を無視し、台湾侵攻について大胆な発言をすることで改善されることはありません。企業が自身の供給チェーンをリスクに晒す理由はないでしょう。彼らはコンテナが到着しないときの感覚をすでに知っています。輸出の減少と不公平な富の分配が自由な社会をもたらすことを期待しています。

S Aさん: 他の国での高いインフレーションが支出の減少につながり、それが中国の輸出に影響を及ぼしています。企業の利益を規制すれば、皆がより良い状況になるでしょう。

感想
  • ふざけるな (0)
  • やめろ (0)
  • おかしい (0)
  • 許せない (0)
  • 素晴らしい (0)
  • 驚いた (0)