K田政権、スワップ再開で韓国支援 日本に実利なし

K田政権、スワップ再開で韓国支援 日本に実利なし
※画像はAIで生成されている場合があります。

K田政権、スワップ再開で韓国支援 日本に実利なし

  • 岸田政権が日韓スワップ再開を決定し、韓国支援に疑問の声が上がる。
  • 日本には実利がなく、関係改善のための急ぎの姿勢に疑念が寄せられる。
  • 米国の圧力や韓国の「反日」行動が背景にある可能性が指摘される。

日本と韓国が8年ぶりに通貨交換(スワップ)協定を再開することで合意したことが報じられています。しかし、日本にとって実利はないと指摘されており、岸田政権が韓国支援に急いでいる理由や米国の圧力の可能性についても言及されています。

通貨スワップ協定は、経済危機時にお互いの通貨を交換し合う仕組みであり、韓国には経済的なメリットがある一方、日本には具体的な利益がないとされています。日本政府が韓国の数々の「反日」行動を棚上げして関係改善を急いでいることについて疑問視する声があります。

朝鮮近現代史研究所所長の松木國俊氏は、外交は相手国との友好だけではなく、互いの国益をぶつけ合うことが原則であると主張しています。日本にメリットのない協定を結ぶ場合、日本は懸案事項について韓国側に国内での解決や説明を求めるべきだと述べています。

また、岸田政権が韓国を輸出手続き上優遇する「グループA(旧ホワイト国)」に再指定したことも触れられています。これについても、韓国の輸出管理に問題があったために指定除外された経緯があり、再指定は疑問視されています。

経済評論家の渡邉哲也氏は、今回のスワップ協定に関して、岸田政権が米国の要望に応じた可能性があると述べています。米国は韓国の半導体輸出に懸念を抱いており、日本が主導する協議体を形成する意図もあるとされています。

感想
  • 素晴らしい (182)
  • やめろ (5)
  • ふざけるな (3)
  • おかしい (1)
  • 許せない (1)
  • 驚いた (0)

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

Popular posts:
社会・経済ランキング政治ランキング

More
articles

last week
topics